マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2018. 02. 11

バリ島旅行 チャングーの町探索

2017.12.28
チャングー(Canggu)のビーチから、ベトナムサンドイッチのバインミー&ビーンズ(Banh Mi & Beans)に行くまでの間に、実は付近をうろうろしておりました。
ガイドのウェダさんにチャングーの「町を散歩したい」とお願いしたら、なぜか隣町のスミニャック(Seminyak)まで連れて行かれたのです。チャングーはサーファーの町ですから、マウイ島のパイア程度の小さな町なので、ウェダさんとしては、もっと賑やかなスミニャックを案内するべきだと考えたようなのですが、マハロ家としては小さなチャングーを散歩したかったのです。バリの人としてはもっとにぎやかな場所こそ案内するに足る所だと思うんでしょうね。
実はこの後「漁港を見たい」とお願いしたのですが、連れて行かれたのは大きな漁業基地。そうじゃなくて、ひなびた漁師の村を見たかったのですが、どうしても理解してもらえなかったようです。そんなうらぶれたところを見たい観光客などマハロパパ以外にはいなかったのでしょうから、誤解してしまうのも無理もないかもしれません。
DSCF4841.jpg
そんなことで、チャングーの町に戻り、行き当たりばったりに車を降りたところで見つけたのがこの市場です。
ちょっと歩いてみますがウェダさんなら絶対案内しないだろう市場でした。

続きを読む »

2018. 02. 09

バリ島旅行 バインミーを食べる

2017.12.28
バリ島にも「バインミー&ビーンズ(BANH MI & BEANS)」というベトナムサンドイッチの店があるらしいことを知り、まはろ庵スタッフとしては「是非とも行かねば!」ということになり本日訪問することができました。
DSCF4819.jpg
established2017ですから、開店したばかりなのですね。

続きを読む »

2018. 02. 07

バリ島旅行 タナロット寺院へ

2017.12.28
今朝は(今朝も?)早起きしてお出かけです。
目的は、島の南側のクタよりもっと西に行ったところにあるタナロット寺院です。
dscf4814_201801281759020a6.jpg
ウィキペディアによれば、
「タナロット寺院(インドネシア語:Pura Luhur Tanah Lot)は、インドネシア・バリ島中西部の海岸にある寺院でバリ六大寺院のひとつ。干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができる。夕暮れ時には美しいシルエットを形成し、多数の観
光客が訪れている。エルニーニョ現象による海面の上昇などが原因で、海岸の浸食が進んでいたが、日本のODAによる景観を再生するプロジェクトが行われている。名前の由来は、真ん中の土地という意味のトゥンガ・ロットが変化したものといわれている。また、通称ロックテンプルとも呼ばれている。16世紀にジャワの高僧ダン・ヒャン・ニラルタがこの地を訪れ、この景観こそ神々が降臨するにふさわしい場所として、村人に海の守護神を祀る寺院を建てるよう勧めたのがはじまるという。海岸の洞窟には、寺院の守り神とされる海蛇の巣があり、お布施を払うと拝観することができる。」

というところです。TVでも見たことがあって、しかも海の守護神とのことで、ここは是非来たいと思っていたのです。

続きを読む »

2018. 02. 05

ハワイ由来の船名あれこれ

先週から上架整備していたPukalaniのエンジン整備も完了し、本日下架しました。
dscf5432-3.jpg
ところで、Pukalaniとは「楽園の入口」という意味のハワイ語ですが、
横浜ベイサイドマリーナの艇の名前をひとつひとつ見てみると、ハワイ由来の名前が結構多いことに気づきます。

続きを読む »

2018. 02. 04

バリ島 ロイヤル・ピタ・マハでアフタヌーンティーを

2017.12.27
ウブドにはロイヤルピタマハ(The Royal Pita Maha)とピタマハの二つのホテルがあって、前日間違えてピタマハのほうに行ってしまいました。(コチラはホテルから歩いてすぐの所にあるのです。)
気を取り直して、今日はちゃんと「ロイヤル・・」の方に行きました。ちなみに「ロイヤル」が付いているのは、ウブドの王族が経営するからなのだそうですよ。
ホテルの外観写真がないのですが、それは、エントランスまでの進入路が長すぎて、いったいどこがエントランスか良く分からなかったからなのです。また、渓谷の斜面を下るような敷地なので、大きな建物がデーンと建っていないので、余計に
分かりにくかったですね。
dscf4600 royal-pita-maha
お借り画像ですが、全景はこんな感じで、ヴィラ・タイプの客室になっているのですね。

続きを読む »

«  | ホーム |  »