マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2017. 03. 30

Countdown Party 2017(ベトナム・ホーチミン)

2016/12/31〜2017/1/1
ベトナム・ホーチミンでの大晦日は、20世紀初頭に建てられたホテル・コンチネンタル・サイゴンで、カウントダウン・パーティーに参加しました。
DSCF6816_20170322203613ab1.jpg
「紅白歌合戦と、除夜の鐘」の日本とはひと味違った大晦日でした。 ↓

泊まっているホテルはリバーサイド・ホテルですが、
チケットを買えば他のホテル主催のパーティーに参加することも可能なのです。
(一人9,000円くらいで飲み物もすべて含まれます。)
DSCF6817.jpg

コンチネンタルホテルの隣のオペラハウス前広場ではイベント真っ最中。
ものすごい人出で、横切るのも困難な状況です。
DSCF6818.jpg

ステージ上の歌手は小さくてよく見えませんが、
巨大スクリーンで見ることができます。
DSCF6822_20170322203619a43.jpg

男女ともすごく歌がうまくて、多分ベトナムでは有名な歌手なんだと思いますが、
音楽のジャンルとしては演歌みたいな歌です。
(グエンフエ通りでもこんなイベントをやっていましたがが、そちらのほうはもっと若者向けのステージみたいでした。そのため、本当にものすごい大音量で、私たちは近づくことさえ困難でした。)
DSCF6825.jpg

シックなホテル・コンチネンタル・サイゴンですが、今日ばかりは色鮮やかにライトアップされています。
DSCF6831.jpg

ここがパーティー会場の中庭です。
DSCF6832.jpg

ビュッフェスタイルの料理もズラリと並べられています。
飲み物はボーイさんに頼んで持ってきてもらうのですが、
英語がアヤシイので、ビールを注文してもワインが来てしまうのがちょっと困りました(笑)
DSCF6833.jpg

料理はたらふく食べましたが、なぜか写真はこれだけ。
楽しくて、写真のほうはすっかり忘れていました。
DSCF6836.jpg

隣に座ったおじいさんはイタリア人のフランチェスコさん。彼はとっても話し好きで、とても面白い話をしてくれました。
なんでも彼が若い頃、仕事でブラジルに住んでいた時に現地の女性と恋に落ちたのだそうです。しかし彼女は別の男性と結婚してしまったのだそうです。
何年も経って、そんなことはすっかり忘れていたとき、フランチェスコさんのもとに日本から手紙が来ました。「日本に知り合いなどいないのになんだろう?」と思いつつ封を開けてみると・・・、
あのとき恋に落ちたブラジル女性からでした。
彼女が結婚した相手の男性は日系ブラジル人で、最近一家で日本に出稼ぎに来ることになったらしく、今は浜松に住んでいるが、「遊びにいらっしゃい。」という内容。(元カノからのご招待というのもスゴイですね。)
そして、浜松〜京都〜大阪などの観光を堪能したとのことでした。
IMG_8421.jpg
そして、ホーチミンで日本人と隣り合う偶然に驚き、喜んで、話に花が咲いたのでした。

フランチェスコさんは悠々自適の生活で、今回の旅行もタイからカンボジアをまわり、ベトナムも北から南まで存分に旅行を楽しんだらしく、最近私のところにも写真を送ってきてくれました。これは「Thailandia (South) : Mu Ko Phi Phi Marine National Park (between Krabi e Phuket」で撮った写真だそうです。
thumbnail_9 mi sento appagato in questo incantesimo

ステージ上では次から次へとショーが続きました。
にぎやかで楽しいのですが、あまりの大音量の音楽には閉口しました。
DSCF6841.jpg
DSCF6843.jpg

ところで、上をみあげると大量の風船が!
これが何なのかは、ニューイヤーのカウントダウンのときに分ることになるのです。
DSCF6844.jpg

会場が暗くなって、画像としては不鮮明になってしまいましたが、
雰囲気だけは分るかな?


床に散らかった風船は、この後足でバンバンと踏んで破裂させて新年を祝いました。
IMG_8422.jpg

同席の人ではなかったのですが、民族衣装のアオザイを着ている若い女性がいて、
どうやら日本人みたいだったので、
パーティーがお開きになる頃、声をかけてみんなで写真を撮りました。
DSCF6857.jpg
フランチェスコさんも女性に囲まれて上機嫌ですよ。
(かれはミラノ近郊に住んでいて、「是非遊びに来い。」と言って住所も教えてくれたのですが、さて、イタリアには何時行けるかなあ?)


「いいね!」と思ったらポチッとしてください。励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へにほんブログ村

byマハロパパ
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

地球エリアで、お知り合いが出来ちゃいましたね。
もしかすると、その場限りでもう会えないかもしれませんが・・・・
でも、また何時かきっと出会えて吃驚みたいな!?
そんな夢を見るのも、楽しいかもしれませんね。

何処の国でも!

どの国にとってもNEW YEARはやってくるのですね〜
当たり前ですが、改めて思いました(笑)
基本的には煌びやかに過ごすものなのでしょう。
出逢った外国人から見ると、日本人は日本人なのでしょうか(笑)
嬉しそうに、再開を楽しむかのように接してきたような印象に、何だか嬉しくなりました。
こういった出逢いも「旅」ならではですね!

Re: ホノムボーイさんへ

> 地球エリアで、お知り合いが出来ちゃいましたね。
今回の旅ではいろんな国の人と出会いました。
イタリア、スイス、ドイツ、アルゼンチン、マレーシア、中国、韓国、アメリカ、スコットランド・・・
どの国だって(片言で)話してみれば良い人たちばかりです。

Re: Derekさんへ

> どの国にとってもNEW YEARはやってくるのですね〜
2時間の時差で、ベトナムのNEW YEARを楽しみました。

> 嬉しそうに、再開を楽しむかのように接してきたような印象に、何だか嬉しくなりました。
ありがたいことに、日本人の印象はどこに行っても良いので、
基本的にフレンドリーに接してくれます。
これは先輩方のお陰ですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/999-9faf59f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |