マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2017. 02. 24

ホイアン市場〜トゥボン川辺り(ベトナム・ホイアン)

2016/12/28
シクロに乗っている人は、なぜか中国人率が高い気がします。
DSCF6268_20170219070619ccb.jpg
もっとも、中国人観光客の皆さんは団体でシクロに乗るので、目立つだけなのかもしれませんけどね。


古い建物で、似たような造りなのに、個々のお店は個性的です。
参考になるなあ。
DSCF6272.jpg

川と平行する大通りに対し、川と直角の道はすごく細いです。
DSCF6270.jpg

旧市街のはずれにあるホイアン市場にやってきました。
ガイドブックには「新しい市場」と書いてありましたが、
どうみても古い建物ですね。(後から気付いたのですが、生鮮食品のこの建物と、衣料品等を扱う新館の2棟あったのでした。)
DSCF6274.jpg

これは井戸ですね。
現役で使われていました。
DSCF6277.jpg

おばあさんが超くつろいでますねぇ。
緑色の水玉模様の雨合羽がなかなか素敵です。
DSCF6279.jpg

竹の根っこを利用した彫刻です。ここでしか見たことがないレアなお土産になりそうです。買わなかったけれど。
DSCF6283.jpg

鶏と家鴨。食べられちゃうんだろうなあ。
DSCF6284.jpg

トゥボン川にかかるカムナム橋です。
DSCF6285.jpg

カムナム橋から見るホイアンの旧市街です。
DSCF6292.jpg

川の側で洗い物をしているおばさんでした。
DSCF6295_20170219070837b28.jpg

川沿いを進むと、観光船が連なっていました。
どの船もカラフルです。
DSCF6297_201702190708383ad.jpg

ちょっと乗ってみるのも面白そうだなあと思いましたが、
ここも呼び込みが激しくて、躊躇してしまいます。
DSCF6298.jpg

民族博物館があったので入ってみました。
DSCF6313_20170219070841aff.jpg

竹籠のボートです。
ハロン湾の丸っこいボートと違い、カヌーのように細長い船型です。軽くてスピードも出たんじゃないでしょうか?
DSCF6314.jpg

「京の町家」みたいに間口の狭い家ですが、中庭が設けられているんです。
DSCF6315.jpg

壁に広がる植物が、湿気が多い地方だということを知らせてくれます。
DSCF6316.jpg

無造作に靴が散らばっていますが、れっきとした商品です。
ベトナムではいたるところにTHE NORTH FACEのバッグが売られています。
しかも非常に安い!
IMG_7980.jpg
子犬がかわいい!(ベトナムのワンコは平均的に可愛いいんですよ。)


「いいね!」と思ったらポチッとしてください。励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へにほんブログ村

byマハロパパ
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

竹の根っこを利用した彫刻は、いろんなタイプが
ありお土産にピッタンコかも !?
人の顔と根っこ部分が髭になっているところが、
面白いかもしれませんね。
手の込んだ民芸品なので~、お値段的には
ちょっと高額かもしえませんけど。

No Subject

川と生活が一体化している地域なのですね。
川はきれいには見えませんが(笑)
それにしても、あの鳥かご?はつらいです。

Re: ホノムボーイさんへ

> 竹の根っこを利用した彫刻は、
> 手の込んだ民芸品なので~、お値段的には
> ちょっと高額かもしえませんけど。
やはり観光客向けのお土産はちょっと高めになりますね。
現地の人向けの食品・雑貨は非常に安いですね。
そうはいっても基本的に物価が安いので、
欲しいものは値切って買うのが良いのでしょうね。

Re: Derekさんへ

現地の人にとって川が泥で濁っているのは汚いわけではないと思われているようです。
むしろ、工場排水で汚染されていないかどうかを気にしているようでした。

鶏も家鴨も、ペットではなく純粋に食料として取り扱われていました。
かわいそうですが、我々も生きるためですから・・・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/982-00d0ff71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |