マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Web Log Book

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2017. 01. 23

カヤック遊びを満喫!(ベトナム・ハロン湾)

2016/12/25
この船は、カヤックを引っ張りながら走っています。
DSCF5599.jpg
『ハロン湾のカヤックの運び方はこうするんだぁ〜』
と見ていたのですが・・・


船長室の後ろは、ずいぶんと生活感にあふれているんですね。
DSCF5600_20170115093335f4f.jpg

今日もカヤック遊びをしました。
プログラムでは「カヤックまたはスイミング」とあり、迷わずカヤックにしました。
泳ぐには寒すぎでしょう?
DSCF5675.jpg

変わった形の岩に近づいてみます。
DSCF5682_2017011509333860b.jpg

こういう形になるまでどのくらいの時間がかかったのでしょうねえ?
ぶつかったら倒れてしまうかもしれませんね(笑)
DSCF5686_20170115093340464.jpg

岩と岩のすき間を通り抜けていこうと思います。
DSCF5692_2017011509354631b.jpg

カヤックが2〜3艇上陸したらいっぱいになってしまいそうな小さな砂浜に上陸しました。
DSCF5702.jpg

岩の大きさがカヤックと比べると良くわかりますね。
このカヤックは、ニューハンプシャーからきた奥さんです。旦那さんはカヤックが沈んでしまいそうな大きな体で、奥さん一人でカヤック遊びをしてました。
DSCF5707.jpg

ハスの花のような形の岩ですね。
DSCF5711.jpg

船頭さんが昼寝中の漁船です。
DSCF5715_20170115093551295.jpg

この船にもワンコが乗組員として乗ってます。
可愛いワンコですね。
DSCF5718_20170115093640ca1.jpg

屋根にはマスコットの船が飾ってありました。
なかなか芸術的ですよ。
DSCF5719.jpg

写真が小さくてちょっと判りづらいですが、スイミングしている人がいます。
2階デッキから飛び込んだりして遊んでました。
デッキでのんびり昼寝の人もいますね。
DSCF5730_201701150936430af.jpg

シャワーを浴びたりしてさっぱりした後、
ランチタイムになりました。
飲み物はマハロパパはサイゴンの333(バーバーバー)。
マハロママはハノイのビア・ハノイです。
IMG_7428.jpg

ハロン湾では良く海老が出てきました。
良く採れるんだと思います。
DSCF5736.jpg

肉類は、串焼きにカレー炒めのようです。
残念ながら肉はちょっと固かったかな?
「WOW」は船名です。
DSCF5739_20170115093646c6c.jpg

食事が終わる頃、次の目的地に着いたようです。
DSCF5743.jpg
水上に浮かぶ大きな施設です。
その向こうの水面には何かが浮いています。


「いいね!」と思ったらポチッとしてください。励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へにほんブログ村


byマハロパパ
スポンサーサイト

COMMENT▼

水場ですね

水と共に生活があるといった感じですね。
カヤックの運び方にもビックリ。
でも理にかなっているようにも思います。
水場のことは水場で処理されるのですね〜

水面近くの岩が浸食されていますが、こういう形になるということは、波は低いということでしょうか。
立っていられなくなって、倒れた岩もあるのでしょうか(笑)
自然の力を感じる不思議な光景ですね。

No Subject

東南アジアも、めちゃ面白そうですね!!!
次回旅行の候補地として、”アリ”かも・・・・
ただし、妻も私も「高温」は全く問題ありませんが~
「多湿」と聞いており、そこが迷いどころなんです。

No Subject

日本には決してない風景ですね。
船もそれぞれ趣(生活の香り)があり、
ザ・アジアというのでしょうか、旅心を
そそります。

Re: Derekさんへ

> 水面近くの岩が浸食されていますが、こういう形になるということは、波は低いということでしょうか。
波がほとんどない湾内なので、
低い波に長年浸食されたための岩の形なのでしょうね。
島や岩が無数にあり、それぞれに不思議な形をしていて見飽きることがありませんでした。

Re: ホノムボーイさんへ

> ただし、妻も私も「高温」は全く問題ありませんが~
> 「多湿」と聞いており、そこが迷いどころなんです。
ベトナムは日本の本州くらいに南北に長いので、
北と南で気候がかなり違うみたいです。
雨期と乾季があり、
北のハノイ・ハロン湾はこの時期は雨が多く、気候はむしろ寒いくらいです。
だから夏の乾季が良いかもしれません。
逆に南のホーチミンはこの時期乾季で、
日中は30°越えますが、わりあい湿度は低いと思います。
ただ雨期の夏は厳しいかもしれませんね。

Re: 行燈入道さんへ

> 日本には決してない風景ですね。
> 船もそれぞれ趣(生活の香り)があり、
> ザ・アジアというのでしょうか、
> 旅心をそそります。

楽しいです!
ベトナムは料理はうまいし、
見所もたくさんあり、
人びとの生活をかいま見ることで、旅の情緒を深〜く味わえます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/966-5f320fdf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |