マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2016. 06. 25

フレンドリー・アイランドの神髄(2016ハワイ旅行)

ハワイの島々には、
ハワイ島なら「Big island」、カウアイ島なら「Garden island」などの愛称が付いているのですが、
今回初めて訪れたモロカイ島の愛称は「Friendry island」。
thumbnail_IMG_20160530_061654.jpg
正直「フレンドリー」とまで堂々と言える自信がどこにあるのか理解できなかったのですが、
この日、はっきりと分かりました。 ↓

夕方に向かったのはhotel molokai
モロカイ島ただ一軒のホテル(コンドミニアム等はあります。)で、
ここでは金曜日の午後5時から7時まで、
地元の人がハワイアン音楽やフラを見せてくれる無料イベント「Aloha Friday」があるのです。
DSCF7617.jpg
場所はホテル内のレストラン「Hale Kealoha」。

帰りの足のことも考えて車で来たのですが、駐車場は十分な広さがあります。
DSCF7630.jpg

「hotel molokai」は、ちょっとエスニックな感じのバンガローなのです。
部屋ごとに屋外ハンモックが下げてあったりと、気に入りました。
DSCF7626.jpg

「Aloha Friday」はもう始まっていました。
とはいえ、ステージがあるのかと思ったら、
フロアの一角の隅の普通のテーブルでやってるのでした。
DSCF7594.jpg

見る方も、すごく自由な感じで聞いてます。
DSCF7596.jpg

飲み物は、ナントカいうカクテル。
車の運転のあるマハロパパは「水」で(笑)。
DSCF7603.jpg

頼んだつまみはケサディーヤ(Quesadilla )。
カルーアポーク入りです。皮が紫色なのはポイを使っているのでしょうね。
美味しかったです。
DSCF7604.jpg

歌い手&演奏者は、地元の同好の方々なのでしょう。
だから、うまい人もいれば、そうでもない人もいます。
DSCF7609.jpg

でも、ワイキキあたりのプロの演奏とはひと味違う、
和気あいあいとした演奏なのでした。
DSCF7608.jpg

おばあちゃんのフラもほのぼのとしたものでした。
DSCF7613.jpg
「Aloha Friday」の最後は、
お決まりの「Hawaii Aloha」を全員で手をつないで歌い。
さらにアメリカ人の愛唱歌「God Bless America」を歌いました。
(一瞬アメリカ人になった?気がしました。)

カウナカカイで買い物して、暗くなった帰り道を走っていると・・・
DSCF7642.jpg

道路端に車がたくさん停まっています。
何かのパーティーをやっているのがチラリと見えました。
「結婚式の披露宴かな?」と思えたので、ロコの披露宴の様子をカメラにおさめようと思い、
ちょっと覗いてみることにしました。
DSCF7644.jpg

みんなラフな格好をしていますね。
パーティーの看板がかけられているのですが、
「花嫁らしき女性一人の写真なのが変だな?」とマハロママは気付いたようです。
看板の文字を良く読むと、なんとモロカイ高校を卒業した女の子の「卒業祝いパーティー」なのです。
DSCF7646.jpg

すると、お母さんだという女性が出てきて、
『是非寄ってって!』と言うのです。
『いえいえ、私たちはただの通りすがりの観光客で、パーティーの様子をちょっと写真撮らせてほしいだけです。』
と説明したのですが、
『いいからいいからちょっと寄ってって!』と(なかば強引に)引き入れられたのでした。
DSCF7647.jpg

あんまり、頑ななのもなんだと思い、『ちょっとだけ失礼します。』という感じで奥にすすむと、
『ここに料理があって、こっちに飲み物があるから、ゆっくりしてって!』
と、すっかり「お客さん」になってしまいました。
DSCF7650.jpg

考えてみればこの時期(5月下旬)はアメリカの高校の卒業シーズン。
パーティー好きのアメリカ人にとって、娘の高校卒業は、たしかに盛大なパーティーを催す理由になりえるのでしょう。
DSCF7651.jpg

ともかく、せっかくの料理をいただくことにしました。
DSCF7652.jpg

娘さんの顔のケーキ!
美人ですね。
DSCF7655.jpg

ひととおり料理をとって、飲み物も貰いました。
DSCF7656.jpg

この一帯の住民が全員集まってしまったような賑わいです。
DSCF7654.jpg

背中を見せて立ってる黒いドレスの女性が娘さんだと思いますが、
参加者への挨拶に忙しそうで「Congratulations」を言いそびれました。
ありがとうございました。
DSCF7659.jpg

料理は宿に戻ってからゆっくりいただきました。
thumbnail_IMG_20160527_201525.jpg

これが、マハロ家の「フレンドリー体験」です。
モロカイ島は決して洗練された観光地ではないけど、
とても温かな人柄で、
「よそ者」に対しても分け隔てなく接してくれる、
温かい人びとが住んでる島なのでした。


「いいね!」と思ったらポチッとしてください。励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村

byマハロパパ
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

へぇ~~~ 素敵な体験をされられましたね。
モロカイ島とは思えない、大勢の人々・・・・
娘さんの卒業を祝ったパティーも、めっちゃ
盛り上がっていたことでしょう。
フレンドリー・アイランドらしい体験、非常に
羨ましく思えちゃいます。

No Subject

近所の人みんなが集まってお祝いしてくれて、旅の人も受け入れてくれるなんて、すてきですねぇー。損得なしの気持ちのふれあいがフレンドリーアイランドには残っているんでしょうね。

Re: ホノムボーイさんへ

モロカイ島は田舎町で、もしかしたら田舎者特有の「よそ者にはよそよそしい」ような土地なのではないか?と思ったら、全然違いましたね。
偶然にもこんな体験ができてラッキーでした。

Re: LAHAINAさんへ

> 損得なしの気持ちのふれあい

いきあたりばったりの旅は、こういう偶然があるからやめられませんね(笑)
日本は「オモテナシ」の国だそうですが、こういう偶然のおもてなしはなかなか無いかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/881-c892b164

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |