マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2016. 01. 06

台湾に行きたいワン!⑤(小籠包を食らう)

台北101(タイペイいちまるいち、中国語: 臺北101)は、2004年に建てられた高さ509.2m、地上101階地下5階の超高層ビル。2008年にドバイに建てられたブルジュ・ハリファ(828m)が完成するまでは世界一高いビルでした。
11000361.jpg(お借り画像)
DSCF5435.jpg
このビルの中に出店している「小籠包」の有名店「鼎泰豊」で昼食です。
ツアー客の皆さんのもっとも期待していたところみたいで、我々の隣に座った女性2人客さんは、
なんと「小籠包」の追加注文していました。(もちろん別料金ですよ。) ↓

ツアー客だからといって予約してある訳ではなくて、
店頭で順番待ちします。
電光掲示板の【30分】の表示が気になります。
しかし30分はテイクアウト客向けの表示らしく、
私たちは15分くらいで入店できました。
DSCF5433.jpg

これが小籠包です!
興奮して、写真を撮る前に一個たべてしまいました。
味は、看板に偽りなく、ほんとうに味わい深い小籠包でした。
DSCF5444.jpg

次々に運ばれる料理もみんなおいしくて、
きれいに平らげてしまいました。
変哲もないチャーハンでさえ『さすが本場!』とうなる絶品チャーハンでした。
DSCF5445.jpgDSCF5446.jpgDSCF5447.jpgDSCF5449.jpg

最後はあんこ入り小籠包?
『辛くて食べられない。』とぐずっていたお子様には大好評でしたよ。
DSCF5452.jpg

すごい数の料理人さん。
すごい勢いで小籠包やその他の料理を作っていましたが、
店内のすごいお客さんの数からして、
これでも足りないくらいかもしれません。
DSCF5455.jpg
DSCF5456.jpg

店員さんの人気コンテストかと思ったのですが、
良くみると「ベスト・マナー・ランキング」ですね。
個人的には3番目の娘に一票!
DSCF5457.jpg

食事後、集合時間まで時間があったので付近を歩いてみました。
日本にも出店している人気マンゴースイーツ店の場所を確認。
(翌日来てみたかったのですが、時間がなくて断念。)
DSCF5464.jpg

台北中心地でも、ちょっと裏通りに回ると、こんな市場が。
DSCF5470.jpg

古い建物の谷間から、「台北101」が見えます.
DSCF5472.jpg

この灰色の空。いつ雨が降り出して来てもおかしくない空模様ですが、
この日はギリギリ保ちました。
DSCF5475.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次の訪問先は「行天宮」
行天宮は、台北地域でも人気の高い商売の神様を祀る寺院だそうです。
DSCF5481.jpg

沢山の人がお参りしてもらっていました。
DSCF5483.jpg

行列にならんで祈祷してもらう時間はないので、
門前で記念撮影です。
DSC_0638.jpg

byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

日本一高いビルが60階建てなので、その約2倍とは
めちゃめちゃ高層ビルですね。
上へ上らなくても、下から見上げるだけでも
感心させられる様な・・・・

本場の小籠包、私もいただきたいなぁ~
と思ってしまいます。

Re: ホノムボーイさんへ

> 本場の小籠包
味そのものは、たぶん日本でも再現できるのだと思いますが、
やはり本場は格別ですね。
小籠包は結局3回食べました(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/835-e52a1894

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |