マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2015. 11. 15

杜の都仙台での再会

仙台に行ってきました。
(マハロパパの出張なのですが、マハロママも同行してついでの観光旅行を楽しんでしまおうという魂胆なのです。)
仙台のうまいもんを堪能するのも大きな目的ですが、
“一番の目的”は、
昨年のベトナム旅行で知り合った、仙台にお住まいのMさんとHさんと再会することです。
DSCF4847.jpg
その話しは後回しにしますが、
4人で牛タンを食べて、尽きないおしゃべりに花を咲かせたのでした。
(おつきあいいただきありがとうございました。) ↓

11/13(金)
杜の都“仙台”に着いたのはお昼すぎ。
DSCF4798.jpg

お昼ご飯は駅ビルの立ち食い蕎麦屋「杜」でそばをかっこみました。
奮発して「“上”かき揚げ」のトッピング。
海老が大きいのがうれしい。そしてやっぱり旨い。
DSCF4794.jpg

この後仕事があるマハロパパと別れて、
マハロママは仙台の路地裏散歩にでかけたのでした。
IMG_4065.jpg

東北随一の大都会「仙台」ですが、
メインストリートの青葉通りをちょっと曲がると、
そこにはレトロな町がまだ残っているのでした。
IMG_4051.jpg

まだ時間が早いので、準備中ですが、
夜になれば絶対楽しいだろうなというような居酒屋があちこちにあります。
IMG_4052.jpg

この井戸、手押しポンプを押してみましたが、
ちゃんと水が出ました。今でも現役なのですね。
IMG_4063.jpg

この危うげな階段。
落っこちそうですが、登ってみたい!
IMG_4067.jpg

この男の子に、
『タッチに握手』を何回もせがまれてしまったマハロママです。
何度も『タッチに握手』につきあってあげたので、
『明日も来る?』とすっかり懐かれてしまったようです。
IMG_4056.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
マハロパパの仕事が終わったので、
今夜の宿にチェックインです。
ホテルの名前は伏せます(笑)が、
こんなオリジナル・カレーを売ってました!
IMG_4084.jpg

窓の外。すぐそばに高架線路が走って、
「夜、うるさいのでは?」と危惧しましたが、
防音が良いらしく、まったく音は聞こえませんでした。
DSCF4868.jpg

露天風呂付きの温泉もあり、
ビジネルホテルとしては、大満足でしたよ。
(でも、オリジナル・カレーは買いませんよ。(笑))
DSCF4866.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ひと休みの後、町にでかけました。
まずは、玉こんにゃくを購入。
味が浸みてて美味しい。
DSCF4800.jpg

マハロママが明るいうちに偵察しておいた横丁に潜入!
DSCF4807.jpg

ぐるぐる歩き回ったので「文化横丁」と「いろは横丁」との境界が良く分からなくなってしまいましたが、
どちらもレトロな横丁です。
DSCF4814.jpg

いろは横丁のいわれを書いた記事がありました。
1945年の仙台空襲で焼け野原になった町に、いち早く復興したショッピングモールだったのだそうです。
1丁目2番3号の住所をとって「一二三横丁」。
それに「いろは横丁」という読みを当てたそうです。
DSCF4834.jpg

ドアの向こうの“昭和”に行ってみたい!
DSCF4826.jpg

しかし、まだちょっと時間が早い。
この店はあきらめましょう。
DSCF4824.jpg

しからば、この焼き鳥屋さん「DATE(だて)」に入ることにしました。
DSCF4831.jpg

カウンターに座ったら、目の前で焼き鳥を焼き始めました。
とっても、繊細な焼き方に感心してしまいました。
DSCF4835.jpg

美味しそうでしょう?もしかして見た目だけ?
『安心してください。味も絶品でした!』
DSCF4840.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お隣に座った女性(Sさん)と、思いがけず話しが盛り上がり、
最寄り駅まで迎えに来てくれたMさんを待たせてしまいましたが、
牛たん炭焼の「利久 泉本店」にやってきました。
DSCF4845.jpg

何はともあれ再会を祝ってカンパ〜イ!
DSCF4847.jpg

ともかく牛タンを食べたい!
どうです、この厚切りジェイソン!
・・・じゃなくて、厚切りの「牛タン【極】」!
DSCF4851.jpg

マハロパパ&マハロママは大興奮!
1447496248458.jpg

こちらは、牛タンの赤ワイン煮。
真っ黒くて見た目はパッとしませんが、
やわらくて味わい深いですよ。
DSCF4853.jpg

牛タンの握り。
トッピングは4種類で変化を持たせています。
一人一個ずつ食べてみました。
DSCF4848.jpg

小柄なHさんですが、一口にほおばりました!
DSCF4855.jpg

たまたま、DATEで隣のお客さんに教えてもらった、
勝山酒造の純米吟醸酒「献(けん)」
日本酒の品評会「サケ コンペティション」で、純米吟醸酒部門トップとなったというお酒です。
甘旨味が絶品でした。(残った酒は大事に家まで持って帰りました。)
DSCF4886.jpg

〆のスイーツ。
最後まで美味しくいただきました。
DSCF4858.jpg
考えてみれば、ベトナムで知り合ったとはいえ、
こんなふうに4人で食事するなんて初めてなのに、
なんだか昔からの知り合いみたいに、
しゃべくりまくって、愉快な時間を共有することができました。
仙台まで来た甲斐があったというものです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
翌日の朝はホテルの朝食。
さすがに、「すごく小食な人の朝食」になりました。
DSCF4861.jpg
というのも、予定では松島まで行って、
かき小屋の焼き牡蠣食べ放題に行くつもりだったのですが、
あいにくの雨降りにテンションが下がりきってしまい、
無念のキャンセル。
松島観光協会さんドタキャンしてしまってゴメンナサイ。

代わりに、駅ビル内の「かき鮮 海風土(うぶど)」に入って、生カキを食べることにしました。
DSCF4876.jpg

日本酒「森泉」が、
コップも升も表面張力で盛り上がってます。
DSCF4871.jpg

志津川産の生牡蠣
冷静に考えれば、なんだか怪しい見た目なのに、
とても美味しそうに思えるから不思議です。
DSCF4878.jpg

生牡蠣ジュルル〜!
IMG_4110.jpg

香ばしい焼き牡蠣と、ガーリック味噌焼。
いずれも美味しかったですが、全部生牡蠣でも良かったかな?
IMG_4113.jpg

新幹線に、利久の牛タンを持ち込みました。
IMG_4117.jpg

最高に旨いつまみに、ビールがすすみました。午前中なのに・・・(笑)
IMG_4118.jpg
歩いて、食べて、飲んで、しゃべって
杜の都仙台がとっても好きになりました!


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

遠い異国の地で、たまたまはじめて出会って~
国内で再びの再会・・・・
これこそ”腐れ縁”みたいに、素晴らしく思えます。

東北の旨いものを鱈腹いただいて、さも幸せそうな
ご夫妻の笑がとっ~~~ても素敵です。

No Subject

贅沢三昧ですね。
仙台は通るだけで、最近は降りたことがないです。

Re: ホノムボーイさんへ

> 遠い異国の地で、たまたまはじめて出会って~
> 国内で再びの再会・・・・
これが旅の醍醐味かしれません。
これからもそんな出会いを経験してみたいなあ。

Re: イズラーさんへ

> 仙台は通るだけで、最近は降りたことがないです。
牛タンは想像以上ですよ〜
是非是非!

No Subject

仙台といえば牛タンですね。でもこんな美味しいそうな
のは見たことがありません。ドアを開けて昭和へタイム
スリップしてみたくなりました。昔ながらの横丁がある
仙台、魅力的な処ですね。美味しいくて、楽しい出張
羨ましいです。

Re: 行燈入道さんへ

牛タンというものがこんなにおいしいものとは知りませんでした。
レトロな横丁もすごく楽しかったです。
来年も行きたいです。(多分仕事で行くことでしょう!)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/825-6f0ef574

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |