マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Web Log Book

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2015. 08. 23

Breezing Up (A Fair Wind)を鑑賞してみる

Sailboatを題材とした素晴らしい絵に出会いましたのでご紹介します。
800px-Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project.jpg
画家の名前はウィンスロー・ホーマーWinslow Hormer(1836~1910)
アメリカの国民的画家として人気が高いのだそうです。
この絵“Breezing Up (A Fair Wind)”が描かれたのは、
アメリカの国民的作家マーク・トウェインの「トム・ソーヤーの冒険」が発刊された年と同じだそうで、
絵も、小説も、アメリカのフロンティア・スピリットを強く感じる作品ですね。
images.jpeg (お借り画像)


“Breezing Up (A Fair Wind)”の詳しい解説はこちらのwikipediaを見ていただくとして、→ココをクリック
本ブログでは、ヨット乗りの視点から、この絵のディティールを見てみたいと思います。

まずは船尾の文字「GLOUCESTER」ですが、
これは船名ではなく港町の名前です。
ボストンの北東にあるグロスターは典型的な漁師町。
映画「パーフェクト・ストーム」はここグロスターを舞台としています。
Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project-1_201508220615477f3.jpg
51kk3NFcbHL.jpg (お借り画像)

一本マストに一枚帆のSailboatはキャットボートCatboatといいます。
帆の全体は描かれていませんが、スプリットスルSpritsailというタイプの四角い帆を、
一本の棒(Sprit)で突っ張って拡げる方式です。
Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project-1_20150822061803256.jpg

現在では、OPディンギーという少年少女用のヨットがスプリットスルの伝統を受け継いでいます。
IMGP2313_201508220618040fb.jpg

乗員は4人。
おそらく3人兄弟の少年とその父親でしょう。
この4人がそれぞれ良く描かれているんです。
Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project.jpg

最船尾で舵を引くのが長男でしょうか。
しっかりと前を見つめ、真剣に操舵する姿がこの絵のなかでも印象的なのですが、
その手元を見ると、舵柄から伸びたロープを握っています。
現在ならティラー・エクステンションという棒を握りますが、
当時は細いロープがティラー・エクステンションの役目を果たしていたのですね。
Breezing Upの名前が示すとおり、軽くウェザーヘルムの状態(少し舵を引き気味にしている。)になっています。
Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project-1.jpg

マストの根元に仰向けになっているのが、多分二男坊。
コックピットの前のこの場所は、足がかりになる所がなくて安定しない場所ですが、
一番スリルが味わえる場所。
いかにもやんちゃな二男坊らしい位置取りですね。
Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project-1_20150822061548a90.jpg

いっぽう、コックピットの縁に足を揃えてちょこんと座っているのが多分末っ子。
この位置は、ヨットの中では一番安定した場所です。
父親にも近いです。
おとなしい性格がにじみ出ているじゃないですか。
Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project-1_20150822061550962.jpg

父親と思われる大人は、コックピットの中に座り、
シートロープ(帆綱)を操作しています。
テークルを組んでいないので帆の操作にはかなり力が要ると思います。
実際の船長は父親なのでしょうが、画面上は隠れるような場所にいるので、
少年があたかも船をあやつっている印象を強くあたえています。
Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project-1_20150822061551243.jpg

よく見るとコックピット内には獲物の魚が見えます。
舳先にはアンカーがあるので、
おそらく漁の帰りなのでしょう。
魚の量からすれば、本格的な漁船というより、
家族で釣りとセーリングを楽しんで来た。という感じがします。
800px-Winslow_Homer_-_Breezing_Up_(A_Fair_Wind)_-_Google_Art_Project.jpg
この作品に、アメリカ人は深いノスタルジーを感じるようですが、
どうやら日本人のヨット乗りの心もつかんで離してくれそうもありません。

byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村

ウィンスロー・ホーマーは1910没ということで、著作権はパブリック・ドメイン状態にあるということで、
遠慮なく使わせていただきました。
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

素晴らしく素敵な絵ですね。
私は小さい頃から、絵の才能が全く無く・・・・
何を書いても、「ピカソ」っぽくなっちゃうんです。(涙)

こういうタッチの絵、好きです!

良い感じですね〜
こういうタッチの絵、大好きです。
私も絵が下手で(笑)
でも観るのは大好きで、美術館には行くのですが(笑)

ホノムボーイさんへ

> 何を書いても、「ピカソ」っぽくなっちゃうんです。(涙)
それはそれで「才能」というものかもしれません。
いわゆる「味のある絵」というやつです!

Derekさんへ

> 私も絵が下手で(笑)
> でも観るのは大好きで、
いいじゃないですか。
そのためにプロの絵描きさんがいるのですから・・・(笑)
私も観るほう専門です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/806-c145b80f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |