マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2015. 08. 09

n 色の虹

日本人なら『虹は何色?』と聞かれれば、
99パーセントの人は、
rainbow.jpg(お借り画像)
『七色』と答えるのではないでしょうか? ↓

ハワイ好きの人なら、
ハワイでは虹は6色で、ハワイの伝説では、虹はメネフネ族がつくったもので、6色であった。
という話しを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
「ハワイ 虹 伝説」あたりで検索すれば、そのあたりのお話はたくさんヒットすると思います。
Unknown.jpeg(お借り画像)

ここまでの話しの流れでは、
「虹は7色で、ハワイだけは6色である。」
IMGP3680_20150809100601488.jpg
ということになるのですが、

先日、たまたま新聞で知ったのですが、
アメリカでは虹は6色と考えられているのが普通らしいのです。
・・・それは初耳でした!
サンフランシスコでゲイ等の性的少数者の集会だかパレードだかがあり、
彼(彼女)等の象徴としてレインボーフラッグがあるそうで、
その旗が6色だということなのでした。
o-BRAZIL-900.jpg(お借り画像)


気になってWikipediaで調べてみました。
そうしたら、虹の色は国・民族・時代によって、様々なとらえ方があるようなのです。
ちょっと長いけれどそのまま引用します。ーーー
虹の色数
現在の日本では、虹の色の数は一般的に7色であり、その7色は赤、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫と考えられている(ただし、水色と青に関しては、赤→橙→黄→緑→青→藍→紫の順番とも考えられる)。これは、ニュートンの虹の研究に由来する学校教育によるものである。
当時のイギリスでは虹の基本色は赤黄緑青紫の5色と考えられていたが、ニュートンは柑橘類のオレンジの橙色と植物染料インディゴの藍色を加えて7色とした。彼は虹の色と色の間は無限に変化していることを知っていたが、それにもかかわらず、虹を7色としたのは、当時、7が神聖な数と考えられていたからである。音楽のオクターブもドレミファソラシの7音からなる。ニュートンは美しい虹も7つの基本の色からできているとしたのである。
ニュートンが虹を7色と決めたからといって、イギリス社会一般で虹の色が7色だと統一されたわけではない。現在のアメリカでは一般的に赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色と認識され、ドイツでは物理の教科書でスペクトル分類と合わせて赤、オレンジ、黄、緑、青、紫の6色、またはニュートンの名とともに藍(インディゴ)を加えて7色としていて、人々の認識もさまざまである。虹の色を何色とするかは、地域や民族・時代により大きく異なる。日本でも5色(古くは8色や6色)、沖縄地方では2色(赤、黒または赤、青)、中国では古くは5色とされていた。なお現代でも、かつての沖縄のように明、暗の2色として捉える民族は多い。
インドネシアのフローレンス島地方では、虹の色は、赤地に黄・緑・青の縞模様(色の順番としては、赤・黄・赤・緑・赤・青・赤となる)とするが、この例のようにスペクトルとして光学的に定められた概念とは異なった順序で虹の色が認識されることも多い。
虹の色は言語圏によって捉え方が異なる。実際に、ジンバブエのショナ語では虹を3色と捉え、リベリアのバッサ語(英語版)を話す人々は虹を2色と考えている。このように、虹の色とはそれぞれの言語の区切り方によって異なる色の区切り方がなされるのである。
虹の色が何色に見えるのかは、科学の問題ではなく、文化の問題である。何色に見えるかではなく、何色と見るかということである。

ーーーなんと2色に見ることもあったのですね。

虹が何色であったとしても、
IMG_2758.jpg

人が虹を見るとき、
たんに『綺麗だねえ!』という感想だけではなく、
CIMG9991.jpg

つねにある種の「想い」・・・希望とか癒しとか祈りとか・・・を心に持ちながら虹を見ている気がします。
IMGP0863 2
たしかに、人びとの様々な想いを受け止めるだけのパワーが虹にはある。
と、この虹を見ていると感じます。

byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

まぁ6色とか~7色とか~
人間が勝手に決めていますが、「青色」でも紫色に
近い色から、黄色に近い色まで~
無数にあるのかも・・・・!?

ホノムボーイさんへ

> 無数にあるのかも・・・・!?
そうですねえ、虹の色と色の間は無限に変化しているのが本当なのですが、
それを見る側の人間が主観的に決めているだけなんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/802-da32778b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |