マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Web Log Book

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2015. 04. 05

日本郵便の父 前島密翁の像

近所の国道沿いにこんな銅像があります。
IMGP1683.jpg
近くに寄ってみると、
「日本郵便の父 前島密翁の像」とあります。
まだ新しい銅像ですが、なかなか立派な造りです。
IMGP1674.jpg

しかし、
この像のもっともユニークな点は、、、



台座が郵便ポストになっているのです。
IMGP1676.jpg

石碑には
天保六年(1835)、現在の新潟県上越市に生まれた前島密(ひそか)は、近代郵便制度を創設し、全国に郵便局のネットワークを構築、郵便為替、郵便貯金などを含めて郵便事業の基礎を築きました。また、電信・電話事業、教育・福祉事業、鉄道・陸運・海運事業、新聞事業など幅広い分野で多大な功績を残し、生誕地に建てられた記念碑には「日本文明の一大恩人」として称えられています。
東京遷都、駅制改革、国字改良など、先見性に満ちた数々の提案は、大久保利通、大隈重信、渋沢栄一など当時の実力者に大きな影響を与えました。
晩年は当地芦名に隠居所「如々山荘」を設け、村人や子供達と親しみながら穏やかな余生を過ごしました。
大正八年(1919)八十五歳でその生涯を閉じ、この地(浄楽寺)に眠っています。

という説明書きがあります。
IMGP1680.jpg

身近なところでは、一円切手の肖像として知られています。
stamp1-L.jpg (お借り画像)

台座の横から郵便物を出す構造になっているのですね。
IMGP1679.jpg
「郵便は世界を結ぶ」というキャッチフレーズは、
現代では「インターネットは世界を結ぶ」と言い換えられますが、
明治時代としては、郵便制度は画期的なシステムだったのでしょう。
先人の功績に思いを馳せながら、
今度はこのポストから投函してみたいと思います。


by雨ですることがないマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

名前を聞いても、正直言って分かりませんでしたが・・・・
1円切手と言われれば、鮮明に思い出してしまいます。
前島さんにとって、「台座が郵便ポスト」になっている
のは非常に素晴らしいアイディアだと思いますね。

No Subject

ついお手紙出したくなりますね
パパさんからのお葉書、お待ちしております笑

ポスト

ご利益がありそうなので、投函してみたいですが、ちょっと遠いですね。

No Subject

台座がポストだなんて面白いデスね!!
入れてみたい♪♪

ホノムボーイさんへ

> 1円切手と言われれば、鮮明に思い出してしまいます。
実は、一円切手のほうは知らなかったのです。
このポストはこれから絶対名所になる!
と思っております。

Ayaさんへ

> パパさんからのお葉書、お待ちしております笑
でも、最寄り郵便局はいつもの郵便局なので、
消印は一緒なんですよね(笑)

イズラーさんへ

> ご利益がありそうなので、投函してみたいですが、ちょっと遠いですね。
国道134号線沿いなので、
もし通りかかったら是非!
でも、そこまで来たら、我が家にも是非!

Sa-yaさんへ

> 台座がポストだなんて面白いデスね!!
> 入れてみたい♪♪
浄楽寺バス停のすぐ前です。
ぜひ一度使ってみてください。

No Subject

この1円切手はよく知ってます。
なるほど郵便の父だったのですね。
それにしても、像とポストが一体
となってるなんて、さすが郵便の
父ですね。

行燈入道さんへ

前島密翁は地元なので前から知っていましたが、
銅像とポストを合体させてしまうとはびっくりしました。
なかなかのアイデアですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/743-1cb2a2f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |