マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2015. 02. 08

再びチョロンへ

バス停でバスを待っています。
向こう側のバス停はバイク専用レーンと車レーンの間に設置されています。
IMGP0877_20150126211500838.jpg
バスの行き先は様々なので、乗りたいバスが来た時は、手を振って合図すると止まってくれます。 ↓

バスに乗ったら、とりあえず空いているどこかの席に座ります。
そうすると車掌が来るので料金を払うことになります。
IMGP0881.jpg

これが降車ボタンです。
降り口のところにひとつしかないことが多いので、
降りたい人はドアのところまで来てボタンをします。
ボタンがなかったり、壊れていることもありますが、
ドアのところに立って、車掌さんにアイコンタクトとれば、
ちゃんと停めてくれます。
停車時間は非常に短く(たまに、ゆるゆると動いていることも。)、
停まったその一瞬にサッと降りることになります。
IMGP0880.jpg

バスから降りたところは、チョロンのアンドン市場(安東市場)です。
IMG_9384.jpg

無造作に荷物が転がっています。搬入すべき荷物なのでしょうか?
IMGP0886.jpg

エレベーターがありますが、
動かないので、ただの階段になっています。
IMGP0888.jpg

雑然とした店内の様子に圧倒されて写真をすっかり撮り忘れていました。

ぐるぐる回った後に購入したものはコレ。
まずは、ヒトデ(STARFISH)の焼き型。
こんなリアルなヒトデは日本ではなかなかないと思いますよ。
IMGP1195_20150128223656e7f.jpg

これは庶民のスプーンとフォーク。それぞれ10本セットで買いました。
IMGP1196_201501282236568c8.jpg
どこが庶民的というかというと、
こんな風にペナペナのステンレスで作られているのです。
大衆食堂の食器は皆これなのですが、普通のスーパーにはもっと立派な食器しか売ってなくて、
アンドン市場でようやく見つけたレア物なのです。
(でも、わざわざ探して安っぽいものを買ったのですが、
値段的にはそんなに安くならなかったです。)
IMGP1197.jpg

アンドン市場の裏口はごった返していました。
ガムテープで梱包した荷物は、ものすごく乱暴に扱ってました。
IMGP0889.jpg

次にやってきたのはテュエンハウ廟(Chua Ba Thien Hau)です。
ここは航海と漁業の守り神のティエンハウが祀られている寺院とのことで、
ヨット乗りとしては来ざるを得ないでしょう。
1760年創建の古〜い寺院です。
IMG_9389.jpg
IMGP0903_201501282238019ac.jpg

境内(と言えるのかどうかわかりませんが)はごく狭いものです。
IMG_9412.jpg
IMGP0895_20150128223803f91.jpg

しかし、細かいところがとても精巧に作られています。
IMGP0896.jpg

たくさんの線香やろうそくが灯されています。
IMGP0899_20150128223907777.jpg

天井からは無数の渦巻き線香がぶらさがっています。
IMG_9409.jpg

お布施した人の名前がずらりと貼り出されていました。
IMGP0898.jpg

外にでると、可愛いワンちゃんが・・・と思ったら、
ものすごく小汚いわんこでした。
思わず『さわっちゃダメ!』と言ってしまいました。
IMGP0907_20150128223913970.jpg

道ばたの線香。
レンガに差したり、道路のブロックの割れ目に差していたりするのですが、
ベトナムの人は信心深いですね。
IMGP0909.jpg

チョロンのメインストリート“チャンフンダオ通り”を歩くと、
真正面にチャタム教会(Nha Tho Cha Tam)が見えました。
この教会はチョロンのランドマーク的存在で、
ホーチミンの聖マリア教会もそうだったのですが、
教会は道路に沿って建てられるのではなく、道路をさえぎる位置に建てられます、
だから遠くからも見え、ランドマークになりうるのです。
IMGP0911_20150128224000fcf.jpg

この色使いはベトナム風?中国風?独特の色使いですね。
IMGP0912_20150128224001621.jpg

教会の脇には幼稚園が。
こういう感じは日本とそっくりですね。
IMGP0916_201501282240031c5.jpg

チョロンの町もバイクであふれかえり、
道路を横断するのも一苦労しますが、
コツはゆっくり、ただし停まらない。
落ち着いて渡りましょう(汗)


ビンタイ市場に再び来ました。
何も買わなかったけれど、市場の喧噪を味わいに来てみたのです。
案の定、食堂の方でいざこざいざこざやってました。
IMG_9427.jpg

ホーチミンの中心部、グエンフエ通りは地下鉄工事中で、町は南北にまっぷたつに分断されています。
そこを通るには、大きく迂回するか(それが一般的)、
工事現場を渡るしかありません(この裏技は、ほとんど知られていません。)が、
たんに工事現場を強引に渡ってしまうのですが、
日本のように交通整理のおじさんに呼び止められるわけでもなく、
普通に渡れました。ただし、時間帯や、工事の都合で閉鎖されていることもあるようです。
IMG_9431.jpg

工事現場を渡った先はシェラトンホテルが。
コンチネンタルホテルまでだいぶ近道できました。
IMGP0918.jpg

だいぶ遅くなってしまった昼食・・・というかだいぶ早い夕食?
そんな時間でも食べたかったバインミー。
毎日でも食べたいと思ったら、本当に毎日のように食べています(笑)
IMG_9434.jpg

しかし、今日はハプニングあり!
唐辛子のスライスが挟んであるのですが、
今日の唐辛子は『大当たり!』
もしかして、人生の中で一番辛い!と言って間違いないほどの辛さでした。
IMGP0922_20150128224104e3e.jpg

夕方、再び外出。
(滞在中は、外出→ホテルに帰ってシャワー→外出→ホテルに帰ってシャワー→外出・・・という行動パターンが定着していたのです。そうでないと体がベタベタしてやってられないのです。)
ベンタインのバスターミナル近くにマクドナルドがあるのですが、
クリスマス〜新年の華やかな飾り付けが目を惹きます。
IMGP0879_201501282235359c8.jpg

「9月23日公園」は鉄道の駅があったところなので細長い敷地になっています。
(名前の由来は第二次大戦後フランス軍が再侵攻してきた時にサイゴン市民が抵抗運動をしたのが1945年の9月23日だったことを記念して名付けられたそうです。)
現地の人は思い思いに遊んでいますが、
音楽に合わせてエアロビクスみたいなダンスを踊るのが流行っているみたいです。
IMG_9435.jpg
夕食はまたもソイチェー・ブイティスアンのおこわ。
写真は、今日はなし。おやすみなさ〜い。

byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

道路を横断するのも一苦労ですね。
まるで首都高速道路を横断する様な・・・・
道を歩くのはある意味、命がけの様な気もします。(笑)

No Subject

アタシ、、、、チョロンの町の道路は永遠と渡れない気がする・・・(>_<)。

ホノムボーイさんへ

> まるで首都高速道路を横断する様な・・・・
翌日、本当に高速道路みたいな道路を横断することになりました。

> 道を歩くのはある意味、命がけの様な気もします。(笑)
現地の人は、何事もなく渡っています。
無秩序のようで、日本人には理解できない秩序が存在しているようでした。

Sa-yaさんへ

> アタシ、、、、チョロンの町の道路は永遠と渡れない気がする・・・(>_<)。
私たちも、最初はひたすら現地人の影に隠れるようにして渡っていました。
信号がない分、運転者も気をつけているのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/726-6f2ce6c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |