マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Web Log Book

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2014. 04. 18

ディンギーのオーナー・スキッパーになりました

4/12(土)は葉山あぶずり港に来ました。
「あぶずり」は「鐙摺」と書き、起源は平安時代までさかのぼります。
平治の乱に敗れた事で伊豆・蛭ヶ小島に配流された源頼朝が、1177年(治承元年)三浦を訪れた際、
鐙摺山を馬で上がろうとしたが険峻で狭隘な道のため、
馬の鐙(あぶみ)が地に摺れた事から“鐙摺”の名がついたと言われています。
20140412IMGP7786.jpg
そんな歴史のある葉山あぶずり港ですが、
葉山元町商店会のHPの記述によれば、
「1861年(文久元年)に長崎で英国人船大工が貿易商オルトの注文で日本で最初のヨットが建設された。
その後、1882年(明治15年)には横浜の本牧で日本人大工により初めて建造され、神奈川の葉山で帆走したことから、葉山は日本のヨット発祥の地とされている。」
ということで、港の入口にはこんな「日本ヨット発祥の地」の碑があるのです。


実は、マハロパパはこのたび葉山港ヨットハーバーのディンギー(小型ヨット)の置き場の抽選に当たったのです!
ディンギーは持っていないので、あわてて買って、本日は回航の日なのです。

STARFISHⅡの回航は小豆島からでしたが、
今回は対岸の逗子海岸から。目と鼻の先です。
砂浜を歩いて行けるくらいですから。
20140412IMGP7787.jpg

逗子海岸はハーフマイル・ビーチと言い、とても小さな浜なのです。
20140412IMGP7788.jpg

やって来たのは浜の西端にあるESSヨットクラブ。
これがマハロ家のヨットになる「YAMAHAシカーラ」13フィート。
古いヨットですが、がっしりとした造りで、「ヨットらしいヨット」だと思います。
20140412IMGP7789.jpg

ヨットクラブのおじさんに手伝っていただき、艤装完了。
本来は2枚帆ですが、今日はメインセールのみ張ります。回航は安全第一ですからね。
20140412IMGP7790.jpg

マハロパパ満悦の表情です。
20140412IMGP7791.jpg

マハロママも狭いディンギーのコックピットでくつろぎの表情ですね。
20140412IMGP7792.jpg
直線距離で走れば10分もかからなかったかもしれませんが、
しばらく行ったり来たりして遊んでから入港しました。

ディンギーを載せる台車も中古で買ったものです。
こいつに載せたら重い(約100kg)ディンギーも軽々(でもないけど)です。
20140412IMGP7793.jpg

定位置に収まりました。
すぐ後ろは海で、逗子の海が一望できる場所になります。
20140412IMGP7794.jpg

無事、回航が完了しまたので、お腹が空きました。
あぶずり港の目の前にある「あぶずり食堂」に入ってみました。
20140412IMGP7795.jpg

店内はヨットマンらしき人達で満員。
ボリューム満点のカキフライ定食。700円也。
学生街の食堂のような雰囲気の、活気ある食堂でした。
20140412IMGP7796.jpg
今年は、クルーザーもディンギーも大いに楽しめそうです。


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

祝!オーナースキッパー♪
あぶずり食堂!懐かしいです。
私の青春?の1ページです。

No Subject

ヨットのオーナーですか!!!
格好いいですね~

葉山や逗子海岸など
関西の人間からすると石原裕次郎の世界です(笑)

No Subject

おッ!
素敵な笑顔~満面の笑み。

今年は例年になく、超~♪満喫出来ますね。
羨ましい限りです。

あらま!ビックリしました。
シカラーですか、私はシーホッパーでしたよ。
楽しんでください。(*^^*)

**ヨット Blue さんへ**

> 祝!オーナースキッパー♪
ありがとうございます。
> あぶずり食堂!懐かしいです。
> 私の青春?の1ページです。
あらまあ!昔はこのあたりにいたんですね。
ディンギーで青春に戻ったかのようです。

**ことはわさんへ**

> 関西の人間からすると石原裕次郎の世界です(笑)
確かに、石原兄弟はこのあたりでヨットをやっていたんですが、
私には遠い世界の伝説です。

**ホノムボーイさんへ**

> 今年は例年になく、超~♪満喫出来ますね。
なんだか、いろんなことが始まりだして、
超多忙になりそうです。(笑)

**フェニックスさんへ**

> シカラーですか、私はシーホッパーでしたよ。
実は・・・私はシーマーチンが最初のディンギーでした。
本当はスナイプかシーホースが欲しかったのですが、
自分の体力に合わせてこの船にしました。
なにしろ、ハイクアウトする腹筋が衰えてしまって・・・(笑)

いいなあ、素敵なライフスタイル

マハロパパのライフスタイル拝見させていただいてますが、本当に生き生きとした御様子で羨ましい限りです。御夫婦のポテンシャルが高いからこそというのは言わずもがなですが。。。
”彼女が水着に着替えたら”ののりが大好きで、ポパイ世代の僕の理想?です。
鐙摺がロケ地だから、ここなんだと見ておりました。聖地巡礼?

うちのハーバーにもディンギーあるのですが、艤装が大変で、やっぱりクルーザーで出かけようということになっちゃいます。

**デブチンおじさんへ**

> 鐙摺がロケ地だから、ここなんだと見ておりました。聖地巡礼?
へえ、そうなんですね。
しかし、たしかにヨット乗りの聖地という感じはありますね。

> うちのハーバーにもディンギーあるのですが、艤装が大変で、
わたしは、セーリングそのものの楽しさはクルーザーよりディンギーにあると思っています。
クルーザーにはクルーザーの楽しみ。
ディンギーにはディンギーの楽しみ。というわけですね。

おめでとうございます♪

可愛いディンギー・・・というよりは、質実剛健な感じでシンプルで、かっこいいディンギーですね。
逗子にはディンギー乗りのお爺ちゃんがけっこういますが、重いのに大変そうだなー、なんて思いながら眺めてます。

**T.J.ママさんへ**

>ディンギー乗りのお爺ちゃんがけっこういます
私もそういうお爺ちゃんになりたいのです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/647-be6cdd7a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |