マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Web Log Book

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2014. 03. 24

パンチボウルの丘に行ってみました

(今日からハワイ旅行記に復帰します。待ってないかもしれませんが、お待たせしました。)

画像が小さくて良く分からないかもしれませんが、ホノルルの町一望のながめは絶景です。
でも・・・
01CIMG5367.jpg
ここパンチボウルの丘は、バスツアーでおなじみの単なる展望台・・・ではありません。
ハワイやアメリカの歴史が刻まれた「犠牲の丘」なのです。
だから、正式名称は「National Memorial Cemetery of the Pacific」です。




パンチボウルの丘は、古代ハワイで「Puowaina(犠牲の丘)」と呼ばれ、ハワイ古代宗教の神にタブーを犯した罪人をいけにえとして捧げる祭壇が置かれていた場所だったのだそうです。国立太平洋記念墓地としてオープンしたのは1949年。第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争で亡くなった兵士が眠る丘となったそうです。
02CIMG5347.jpg

墓地の一角では今まさに葬儀が始まろうとしていました。
03CIMG5350.jpg

米国映画で見るような、厳粛な雰囲気の漂う、退役軍人の葬儀でした。
04CIMG5349.jpg

ちゃんと半旗が掲げられていました。
何も日本がそうではないと言うわけではありませんが、
国のために命を捧げた軍人達に対する扱いというか尊敬度合いが高いような気がしました。
05CIMG5351.jpg

ここからはダイヤモンドヘッドが良く見えます。
ワイキキのホテルがどんなに高層化しても大丈夫でしょう。
06CIMG5356.jpg

階段を登りきったところに女神像が、
07CIMG5352.jpg

近くによってみると、巨大な石造りの像でした。
IMG_7241.jpg

アメリカでは、「自由はタダではない。」という考えが徹底しているんだなあ!と石に刻まれた文字を見てあらためて感じました。
08CIMG5358.jpg

建物の中には祭壇があります。
09CIMG5359.jpg

その向かい側(女神像の裏側)に刻まれた言葉。
191-1945,1950-1953,1961-1973 の数字に、アメリカ人の戦争は、太平洋戦争で終わらず、朝鮮戦争、ベトナム戦争まで続いたのだなあと思い至りました。
日本の戦争は1945年で終わったのに、そこからまだ30年近くも戦争をしていたのです。それは頭では分かっていますが、今この石に刻まれた文字で実感しました。
10CIMG5360.jpg

3つの戦争の推移がパネル展示で細かく説明されています。
敗戦国の日本人としてはさすがにつらい展示です。でも、事実ですからね。
11CIMG5361.jpg

私は、自分が死んだら墓はいらないという考えですが、
もしも墓を作るのならこんな墓がいいかな?
[愚かな小市民 マハロのパパここに永遠に眠る]なんてね!
12CIMG5362.jpg
プランテーション・ヴィレッジに続き、パンチボウルの丘でも、
ハワイ(アメリカ)の歴史について深く考えさせられる体験になりました。

byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村


次の場所に移動する前に、ガソリンを入れようとしたのですが・・・
いくらレバーを引いても出ないのです!
あきらめて店員に聞いたら、下の写真のようにこの部分を上に上げると出るしくみなのでした。
こんなの初めてだヨウ!
p15[1] (お借り画像)
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

昔のハワイツアーでは定番の場所ですね。
私も何度もパンチボウルに行きましたが、
コンナにしっかりと観たことがありませんでした。
なるほど改めて厳粛で神聖な地だとわかりました。

No Subject

私もこちらパンチ・ボウルへ何回か行きました。
たくさんのお墓の中に、日系人と思しき名字が非常に
多かったのに吃驚してしまいました。
昔から、移民した日本人の苦労が垣間見えました。

**行燈入道さんへ**

> なるほど改めて厳粛で神聖な地だとわかりました。
実はそれほど信心深い人間ではないのですが、
このときは敬意を持って見学させていただきました。


**ホノムボーイさんへ**

> たくさんのお墓の中に、日系人と思しき名字が非常に
> 多かったのに吃驚してしまいました。
第二次世界大戦のとき、ハワイの日系人はもっとも激しい戦争地帯に派遣されたと聞いています。
ハワイ以外のアメリカ本土では日系人は収容所に入れられたと聞いています。
本当に苦労されたのですね。
厳粛な気持ちにならざるを得ません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

 | ホーム |