マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2013. 08. 21

石廊崎を越えて西伊豆に入ったゾ(8/12)

寝苦しい夜が明けて、下田の空に朱色の太陽が静々と昇ってきました。
IMGP4651.jpg
こんな風景を見ていると、眠れぬ夜の辛さを忘れてしまいます。 ↓


これは、太陽が昇る前の風景です。
エキゾチックな眺めに「遠くまで来たんだなあ!」と、ちょっと感傷的になります。
IMGP4652.jpg

船にはさまれたSTARFISH号。
両側の直線的な舳のラインと比べ、パイオニア9のラインは緩やかな曲線で構成されていて、
ヨットらしいヨットだなあ!と思います。
IMGP4665.jpg

買物を兼ねて町中を散歩しました。
この建物は、唐人お吉が料亭を経営していたところだそうです。
IMGP4669.jpg

9時、バーさんが到着し、今回のメンバーが全員そろいました。
バーさんは昨日瀬戸内の帆船クルーズから戻り、早朝三浦の自宅から駆け付けたのです。
IMGP4676.jpg

しばらく霞みがかった写真がつづきます(笑)
伊豆半島には風車が多いですね。風の強い土地ですから発電効率が良いのでしょう。
IMGP4684.jpg

難なく石廊崎に着きました。
私にとっての石廊崎はケープホーンのようなもので、
今回も相当な覚悟をしてきたのですが、
実際にはあっけない岬越えになりました。
IMGP4689.jpg

中木沖の鰹島です。
この間を抜けていこうと思って近づくと波が悪く、水深も浅くなっってきたので迂回しました。
(君子危うきに近寄らず)
IMGP4691.jpg

ここは三ツ石岬
IMGP4694.jpg

その先に似たような場所がありますが、これは一つ根
その先が妻良になります。妻良はいつか是非行ってみたい港です。
IMGP4696.jpg

テンダーを引っ張って走るヨットとすれ違いました。
いかにもクルージングっていう感じですね。
IMGP4701.jpg

今日のマハロママのいで立ち。
「絶対に日焼けはしません!」という意気込みが伝わってきますね。
IMGP4705.jpg

波勝崎です。
山の中腹にポツンと立つ灯台が寂しげですね。
この岬の横に野猿公園があります。
目を凝らしてみましたが猿は見えませんでした。(人影は見えたんですが・・・)
IMGP4708.jpg

この崖はハワイ的ですね。美しい風景です。
IMGP4711.jpg

雲見崎をかわした頃からようやくセーリングできる風が吹き出し、とりあえずジブ
セイルのみで走りました。
IMGP4715.jpg

まもなく松崎到着。伊藤園ホテル(旧プリンスホテル)の大きな建物が目印になっています。
IMGP4726.jpg

横付けで3隻程度しか付けられないと聞いていたので、もし満杯だったらどうしようと心配していたのですが、
幸運なことに、1隻も泊まっていませんでした。
ただ、釣り人が糸を垂れていたのでフォグホーンで警告、どいてもらって静かに着岸しました。
実はフォグホーンなどいつもはデッキ上に置いていないのに、
昨日の濃霧で出したままにしていて、とっさに使うことができました。ラッキーでした。
満潮のときはかなり岸壁が低くなる場所だと聞いていたので、慎重にもやいをセットしました。
IMGP4727.jpg

松崎に来たら見たかったものの一つがこちらのカヌーです。
このカヌーは特定非営利活動法人日本ハワイアンカヌー協会が、海岸に流れ着いた一本の丸太から作ったカヌーなのです。
ハワイからやってきた造船職人が制作にたずさわった本格的なものです。
IMGP4735.jpg
体験乗船会などもあるようなので、いつか私も乗ってみたいと思います。
IMGP4736.jpg
IMGP4733.jpg
IMGP4746.jpg
IMGP4743.jpg
IMGP4747.jpg

カヌー製作には、この岡村造船所さんも深く関わったらしいです。
IMGP4750.jpg

ナマコ壁の立派なお屋敷に到着。
ここは松崎町出身で、三井物産社長、国鉄総裁を務め、
城山三郎の小説「粗にして野だが卑ではない」にも書かれた石田禮助氏の生家なのです。
IMGP4753.jpg

石田禮助を敬愛するM艦長も感慨深くお屋敷内を覗いてます。
松崎町に来た二つ目の目的も達成できました。
IMGP4755.jpg

さあ、最後にして最大の目的地はこれからです。(続く)


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE!
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

カヌーが展示されている場所があるんですね
それは知りませんでした
ここも混雑してるだけ人気なんですよね

**フェニックスさんへ**

展示というか・・・
漁協の空きスペースに置いてあるだけなんですよ。
松崎はヨットやカヌーに優しい町、
という感じがします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/562-3f976280

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |