マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2013. 06. 10

ココ・ヘッド(KOKO HEAD)トレイルに挑戦!

今日はココ・ヘッド・トレイルへの挑戦の日です。
今回ばかりは「挑戦」という言葉を使っても、大袈裟ではないと思ってます。
06CIMG4009.jpg
標高は370メートルですが、なんと階段数1048段を“1直線”に登るのですから、
「行ける所まで行こう。無理だと思ったら引き返そう。」という覚悟の挑戦なのです。





バスを途中で降ろされ(何の目印もないのですが終点だったみたいです)、乗り継ぎながら、
KOKO MARINAのちょっと先のバス停で下車。
住宅街の真ん中でここでいいのか位置確認。
でも、ココ・ヘッドがそこに見えていますね。
01CIMG3994.jpg

住宅街を抜けると看板がありました。
02CIMG4004.jpg

いきなり登山道があるのではなく、野球場やテニスコートなどの運動公園があって、
そのさきから登山道があるのです。
03IMG_4714.jpg

なぜマハロ家はココ・ヘッドに登るのか?
ココに山があるからだ!・・・登る前から力が抜けますね(笑)
04IMG_4718.jpg

この登山道は、トロッコのレールと枕木をそのまま残して利用しているので、
「滑りにくい」という利点はあります。
しかし、一歩一歩の歩幅が広いので、調子に乗ると一気に息が上がってしまいます。
05IMG_4723.jpg

なので、ともかく一歩一歩登ります。
07CIMG4010.jpg

下りの人とすれ違う時は、登りの人がよけてやりましょう。
08IMG_4730.jpg

小型犬(キャバリア・キングチャールズ・スパニエル)ですが、飼い主のあとを必死に追いかけて山を降りていきました。
頑張れキャバちゃん!
09CIMG4017.jpg

ここが難所の鉄橋です。
レールと枕木のみの橋なので、足を踏み外したら“落ちます”(=_=)
10IMG_4734.jpg

慎重に渡り始めます。
11IMG_4737.jpg

「足の下は奈落の底」・・・・・というわけではありませんが、
高所恐怖症の人ならこれでも足がすくむことでしょう。
12CIMG4022.jpg

勾配はいよいよ急になってきます。
13CIMG4025.jpg

ときどき足を止めて、ふり返ると眺めの良い景色がひろがっています。
この山はさえぎるものがないので、いつふり返っても絶景が見られるので、
何度でも立ちどまって、目の保養(と、息を整える)をします。
14CIMG4027.jpg

9合目(いや、9.8合目かな?)に到着。
トロッコのレールがここまでなのです。
頂上はもうすぐそこです。
15CIMG4031.jpg

ついに登頂成功! 万歳、バンザイ、ばんざ~い の三唱です。
16IMG_4751.jpg

マハロママは、うれしくてフラを踊り始めました? ~( ̄ー ̄~))
17CIMG4047.jpg

エクササイズのために急スピードで登って来た若者たちも、ストレッチしてます。
これを十分にやっておかないと、下りで筋肉がおかしくなりますから・・・
18CIMG4040.jpg

トロッコを引きあげる機械の残骸が残っています。
「何のために使ったのだろう?」・・・考えたら、やはり軍事目的だったのでしょうね。
今はハワイは観光の島ですが、昔は軍事目的の要塞島でもあったことがしのばれます。
19IMG_4760.jpg

眼下のハワイカイの街、遠くにダイヤモンドヘッドが見えます。
20CIMG4045.jpg

左に目を向けるとハナウマ湾が見えます。
21CIMG4051.jpg

北側に目を向けると、クレーターが見えます。
遠くにはマカプウ岬(かな?)が見えました。
22IMG_4758.jpg

クアパ池に江ノ島みたいな島(ココ・アイランド)が浮かんでます。
23CIMG4033.jpg

海ではパラセールで遊んでいるのが見えます。
マハロパパは海に浮かんでいるものは得意ですが、空に浮かぶのはどうかな?
でも、いつかトライしてみたい(かな)。
24CIMG4034.jpg

さて、登りもさることながら、下りも侮れません。
数日前のラニカイ・カイヴァリッジ・トレイルでも下りで痛い目にあっているので、
慎重に行かなければいけません。
ところで写真中央の黒いごみ袋を持っているオジサン。
毎週月曜日に登って来てはゴミを回収することをボランティアでやっているのだそうです。
偉いですね。
25CIMG4055.jpg

果てしなく続く下り坂。
だんだん足がガクガクしてきました。
26IMG_4767.jpg

下から3人娘が、手をつないで横に拡がって登ってきました。
28IMG_4772.jpg

どうしましょう?
いっそのことしゃがんで上を通させましょうか?
・・・などと考えていたら・・・
29IMG_4773.jpg

通り抜けました(^_^;)
30IMG_4774.jpg

それにしてもこの鉄橋のところ、
しゃがんじゃう人、四つん這いになる人、
苦労してますね(=_=)
27IMG_4771.jpg

ようやくふもとに帰ってきました。
シャカ・サイン(ハング・ルース)を作っているものの、さすがにお疲れ気味の表情ですね(^_^;)
31IMG_4783.jpg
ちょっと話は横道にそれますが、
このシャカまたはハング・ルースのサインですが、
本来は手のひらを相手向きにポーズするのがハング・ルースで、「ありがとう!」「気楽に行こう!」といった、よりAlohaな挨拶の意味で、
手の甲を相手に向けるのがシャカで、「元気?」「頑張ろう!」といった励ます意味が込められているそうです。
知ってました?(私は知りませんでした。)



思えば、今日は曇っていて、カンカン照りではなかったのが良かったかもしれません。
32CIMG4057.jpg
さて、マハロ家が再びココヘッド登山に挑戦するか?
もし、三浦雄一郎さんが90歳でエベレストに挑戦したら、マハロ家も再挑戦します!
(続く)


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! ↓
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

いつか登ろうと思っていたココヘッド
なので、たいへん参考になりました。
しかも山道の入り口の詳細な解説が、
真に有り難かったです。
いつか登ろう、きっと登ろう、じゃ
いつ登るのか?

今ではない  それは確かです。

**行燈入道さんへ**

>今ではない

安易に「今でしょ」とこないところがいいですね(笑)

でも、登山後のお楽しみがあれば、
きっと登りたくなると思いますよ。
そのお楽しみは次の記事で紹介しますよ(^O^)/

こんにちは

はじめまして。
昨日はコメントありがとうございます。
koko Head登られたんですね。
我が家も今年初めて登りました。
年齢的にも今年が最後かなって(笑)

バス途中で降ろされちゃったんですか?
ルートが違ったのかな?
ハナウマ湾で降りれば入口すぐなのにね。

ありがとうございます

書き込みありがとうございます。
(でも、お名前がわからずちょっと残念です(=_=))

考えてみれば、マウナケアもマウナロアもハレアカラも登ったことがありません。体力的にどうかな?とは思いますが、
まだまだチャレンジすべき目標が残ってます。
頑張らねば!

あ~~!!!スミマセン

こんばんは。
みみです。
アメブロに慣れているのでついつい名前書きぞびれてしまいました。
ごめんなさいね。

http://ameblo.jp/tomatokyuri/entry-11550065568.html

ここでコメントいただいた者です。
ありがとうございます。

**みみさんへ**

あらためて
みみさんありがとうございます(^_^.)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/537-b9f4c6ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |