マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2013. 03. 26

ジブファーラー修理の裏ワザ?

前回、ジェノア・ジブの修理のため、レギュラー・ジブを取り付けた話をしましたが、
IMGP3017.jpg


レギュラー・ジブはジェノアよりも寸法が短いので、
普通にセットして揚げるとこうなります。
130326_154610.jpg
ジブファーラー・システムの上端にあるトップスイベルの位置が低いです。
(お借り画像)⇒goodspeed_cf-500.jpg

このままジブを巻き取ろうとすると、ジブ・ハリヤードがヘッドフォイル(フォアステイ)に絡まってしまうトラブルになってしまうこと必至です。
通常は、トップスイベルとセールの上端の間にペナントを入れて間隔を広げて、トップスイベルの位置をジェノア・ジブと同じところまで上げてやるのですが、
今回はあえてそうしませんでした。

どうしたかというと、
スピンポールのトッピングリフトをトップスイベルに取り付けて、トップスイベルを下側に引っ張ってやるようにセッティングしてやりました。
130326_154611.jpg
なぜそうしたかと言いますと、、、
トップスイベルのベアリングが傷んでいるらしく、非常に動きが悪く、
とくに、ハリヤードを強く引っ張りあげると極端に動きが悪くなるのです。
ジェノア・ジブのときは、わざとハリヤードを緩めに引っ張っておいたのですが、
レギュラー・ジブの場合、トッピングリフトを使い、ハリヤードは上に、トッピングリフトは下にテンションをかけて力をバランスさせることによりファーラーの動きを良くしようという魂胆なのです。
実際にやってみますと非常に具合が良いです。
ハリヤードの巻き込みトラブルも100%防げます。


しばらくはこの方式でやってみるつもりですが、
ジェノアの修理が済んだら、ジグファーラー側の修理にもとりかかるつもりです。
(もしかしたらCRCかシリコンスプレーを噴いてやるだけでいいかもれません。)

byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! ↓
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT▼

応用編ですね

そうでしたね
小さいのにした場合は
トップの問題がありましたね
トラブルの原因になりますものね
でも・・どちらもUV取り付けていらしゃるのは
凄いですね
スピンのトッピングリフトで対応
なるほど・・でも当方はトッピング無し
そもそもシングルでスピンは揚げない前提で
レストア時撤去したままでした。(笑い)

**フェニックスさんへ**

ジブファーラーは便利ですが、トラブルを起こすとやっかいなことになります。
応急処置ではありますが、安全は確保されているので安心です。
スピンのトッピングリフトを使うアイデアは10年ほど前に持っていた19fクルーザーの時のアイデアですが、
活用できて良かったです。

No Subject

凄い専門用語が沢山記載されておるので、
私のような素人にはよう判りませんが、
何事も創意と工夫&熱意で裏技は生まれると
言う事が判りました。(笑)
これからも凄い裏技をどんどん、あみ出して
下さいませ。

**行燈入道さんへ**

>凄い専門用語が沢山記載されておるので
失礼しました。
なるべく分かりやすい用語を用いるよう気を付けているのですが、
今回は楽してついついいつも使う用語を使ってしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/505-5bafb8f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |