マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2013. 02. 22

文字を持たなかったハワイ

ハワイには元々文字がなく、コミュニケーションはもっぱら言葉によっていたのですが、
1800年代になってアメリカから宣教師がやってきて、聖書をハワイ語に翻訳するために、
ハワイ語をアルファベットで表現できるようにしたそうです。
母音である a, e, i, o, u と、
子音である p, k, m, n, w, l, hの12のアルファベットと、
アルファベットだけでは表記しきれなかった発音を、
オキナ(okina)と呼ばれる「‘(または ' )」のマークと、
カハコー(kahako)という母音の上につく棒「 ̄」で表記するようになりました。

日本も、文字がなかったところに弥生時代の頃漢字が伝来し、
平安時代には漢字をデフォルメして仮名文字が発明され日本の文字ができたもので、
年代も事情も違いこそすれ、外国の文字で自国の言葉を表記している。
というところは日本もハワイも同じですね。


ところで最近は、なんでもメール(文字)で済ませてしまうのはよくない傾向ですが、
文字で伝えにくいのが「感情」です。
「絵文字」があるじゃない!という若い人もいるかもしれませんが、
それでも微妙なニュアンスは文字(絵文字)では伝わらないでしょう。
絵文字を使わずに友達にメールすると、『怒ってるの?』と思われてしまうらし
く、単なる“友好のしるし”としての絵文字かも?
例えれば、犬が尻尾を振るようなものかもしれません。
犬同士ならそれで十分なのでしょうが・・・・・

それよりもやっぱり言葉でしょ!
 ・・・というか、言葉プラス声の抑揚(唄)プラス身振り手振り(踊り)プラス顔の表情プラスボディータッチ
・・・などを総動員したコミュニケーションには遠くおよばないでしょう。

おそらく、ハワイアン(等の文字を持たなかった民族)は、文字を「持てなかった。」のではなく、
文字より優れたコミュニケーション手段があるので文字を必要としなかったのではないかと思います。
文字のように記録することができない不利な点は、「記憶力」でカバーしたのでしょうね。
唄や踊りのリズムも記憶の助けになったのでしょう。
日本人も、九九を思い出すには、あの「ににんがし、にさんがろく」の唄(?)がないと覚えられないんじゃないでしょうか。
アルファベットも「ABCの歌」で覚えた人が沢山いるんじゃないでしょうか?
だから、ハワイにはすばらしい歌や踊りの文化が存在するじゃないかとも思うのです。


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! ↓
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村

本日は、文字だけがコミュニケーションじゃない! という話を文字だけで作ってしまいました。
なんとも芸がなくて、どうもすいません!


スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/500-558d77ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |