マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2012. 09. 29

ヨコハマ・フローティング・ヨット・ショー2012

海に浮かんでるヨットに乗って見ることができるフローティング・ヨット・ショーは、
主催者側としては比較的低コストで展示でき、お客側としては、実際に浮かんでいる船を数多く見ることができるという、いいことずくめのヨットショーです。
春先におこなわれる「ジャパンインターナショナルボートショー」でもこの方式が取り入れられるようになりましたが、こちらのヨコハマ・フローティング・ヨット・ショーは17回目なのだそうです。
IMGP2001.jpg
IMGP2002.jpg
IMGP2003.jpg
こんな超豪華カタマランヨットを見て、目の保養をするのもいいのですが・・・ ↓

今回は、「本当に」自分が好きなタイプのヨットだけをじっくり見学することにしました。(かといって本当に買うわけでもなんでもないのですが・・・)
出展しているヨットの詳細はコチラ→<ここをクリック

私の好きなヨット 第3位は「NAUTICAT-331 KETCH」
独特のバウの形状は、この船がモーターセーラーであることが良く分かります。
IMGP2011_20120929191705.jpg

Lucky bag(福袋)
なんともめでたい船名ですね。
IMGP2012.jpg

スターン(船尾)もまた独特な形状で、
この船がユニークなモーターセーラーであることがよく分かります。
IMGP2013.jpg

前部デッキはブルワーク(舷端)に囲まれ安定感があります。
ライフラインが木製なのもいいですね。
IMGP2014 (2)

ドッグハウス内の操舵席。
舵輪が豪華ですね。
IMGP2015 (2)

キャビンのテーブル。割合にコンパクトなサイズです。
IMGP2016.jpg

アフターキャビン。帆船ぽい雰囲気があります。
ここから眺めるウェーキ(航跡)を想像するとゾクゾクしちゃいます。
IMGP2017 (2)

瀟洒なカーテン柄。(トイレのカーテンですが。)
IMGP2018.jpg


第2位は「Trekker 34 CLASSIC」
素直な外観は林賢之輔さん設計によります。(面識はないのですが、林先生はご近所にお住まいの方です。)
IMGP2004.jpg

この写真を見て気付いたのは、ブームの傾き、ランニングバックステイ付き、ブームがツルンとしているところ。
IMGP2005.jpg

長いハンドレールは、シンプルだけれど使いやすいのではないでしょうか?初心者を乗せるときに安心かも?
IMGP2006.jpg

ジブが2枚のカッター仕様であるところも独特。
こういうところが「クラシッック」と銘打っている理由なのでしょうか?
IMGP2007_20120929191706.jpg

船内に入ってみましょう。
IMGP2008.jpg

外観の素朴さと違って、船内は豪華ムード。
木部はピアノフィニッシュでピカピカしてます。
金色のシート布地は欧風の応接セットのよう!
IMGP2009.jpg

こんなにピカピカしていては料理をするのも憚られるようです。
IMGP2010.jpg

そして第1位はこれでした!「OKAZAKI 33 Deck Saloon」
これも林賢之輔さん設計によるもの。
続々見学者が乗艇していますよ。
IMGP2019_20120929192137.jpg

岡崎造船のHPを見ると分かるのですが、このカウンタースターンは「OKAZAKI 33 Classic」の形を使っているようです。後部デッキが広く使えるのがいいですね。
IMGP2020.jpg

クラシックなスタイルでも、ジブもメインもファーラー・システムを使い、
ビミニトップ(サンシェイド)も付けて、快適なセーリングが出来そうです。
IMGP2021 (2)

前部デッキのチークの模様がなんとも言えません。いいですねえ。
IMGP2023 (2)

カウルヘッド(換気孔)もちょっとクラシックな形をしています!
蒸し暑い日本なら、この位しっかりした換気システムを備えるべきですよね。
IMGP2024.jpg

ドッグハウス内の操舵席はシンプル&コンパクト。モーターセーラーではないことが分かります。
IMGP2025.jpg

キャビンのソファーはふかふかで豪華です。
且つ、明るい色合いがいいかもしれません。
IMGP2026 (2)

船首のV字バースもゆったりサイズで、寝心地よさそうです。
IMGP2027.jpg

この船を操縦している自分を想像し、ニンマリとしてしまいました。
IMGP2028.jpg
M艦長、ステップアップ艇はコレにしましょう!

ふと水面を見るとカルガモがスーイスイ。
船がなくてもスーイスイ。
自分の足でスーイスイ。
IMGP2029.jpg
足に水かきが付いてない人間は、ヨットに乗ってスーイスイ(笑)

追伸
今頃ハイビスカスが咲いてます。
IMGP2101.jpg

蕾ももうじき開きそうです。
IMGP2102.jpg

でも、プルメリヤはこんな状態。
IMGP2103.jpg
大器晩成型のプルメリヤですね。


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE!にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

横浜で豪華なヨットショー、素晴らしいですね。
地元なのにこんなイベントあるとは知りませんでした。

わたしも先日今を盛りに咲くハイビスカスを、観ました。
ハイビスカスにも遅咲きってあるんかな?と思いました。

**行燈入道さんへ**

入場無料なので、ひやかし歓迎ですよ!

>ハイビスカスにも遅咲きってあるんかな?

遅咲きの大輪ってやつですね。
なんか、ハワイアンというより演歌っぽい?

No Subject

ウチのハーバーにも、以前「ナウティーキャッツ33」がありました。

オーナーがお年を召してきたので、小さい艇に乗り換えました。
荒天下の機走はすごかった。
上陸用舟艇のエンジンを積んでいると…とかと聞きました。

**サムシング田中さんへ**

>荒天下の機走はすごかった。
>上陸用舟艇のエンジンを積んでいると…とかと聞きました。

すごい!
まさにモーターセーラーなのですね。

見に行きたい~

数年前こちら蒲郡でもフローティングショーがあり、行ってみましたが、あったのは3艇ほどの小型ボート
中部のPB業界の現実を見る思いでした(泣)

いいですよね

33クラシックが当方の3艇となりに
ございます 林先生も以前お出でになったと
聞いてます。
今年オーナー様は小笠原に行かれましたそうです
いい船ですよね。波当たりがソフトでございます。

**オリオン兵藤さんへ**

OKAZAKI 33 Deck Saloonは愛知の船と聞きました。
フローティングショーは閑散としていても、
ヨットを見る目は確かなものと、お見受けいたします。

**フェニックスさんへ**

最近はやりの扁平砲弾型高速滑走艇に興味は湧きませんが、
こういうヨットらしいヨットには「ため息」が出てしまいます(笑)

No Subject

ヨットの中とは思えない作りですね。
そこで住めそう。
優雅だな~。

**PA-Chan さんへ**

>そこで住めそう。

そこで住むのが私の夢です(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/445-9addd2c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |