マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2012. 08. 02

(ナ・パリ・クルーズ)ハワイへの旅2012~その8(前篇)~

ここはポート・アレンという港です。
今回のカウアイ島でもっとも楽しみにしていた「ナ・パリ・クルーズ」の出発地です。
20120705-152112-0.jpg
目的地は、カウアイ島北西部のナ・パリ・コースト(たくさんの+崖+海岸)です。
ナ・パリ・コーストに行くのには、トレッキング、ボート、ヘリコプターのいずれか。
車ではいけません。船好きのマハロパパとしては迷わずボートにしました。
乗り込むヨットはこのカタマランクルーザー「ブルー・ドルフィン号」
20120705-152149-0.jpg
ボートで行く場合は、ナ・パリ・コーストに近いハナレイからか、
今回の宿に近いポート・アレンからの選択がありましたが、
ナ・パリ・コ-ストまでは遠くても車の運転距離の短いポート・アレンからの
ツアーにしたのです。 ↓

座った場所はマストの真後ろ。
視界が悪いと、みんなに敬遠されたのでしょうか?
しかし、風除けもあり、左右どちらも見ることができるベストポジションだと思います。
20120705-152630-0.jpg

マストを見上げるとメインセールも巻き取り方式を取っていました。
乗組員はたったの3人なので、こんな装置が必要なのでしょう。
20120705-152618-0.jpg

この人がキャプテン。若い男です。
20120705-153019-0.jpg

配られたジュース。アメリカのジュースらしくとても甘かった!
20120705-154059-0.jpg

乗客はみんな自然に笑顔になってしまうようですね。
20120705-154901-0.jpg

ちょっと横から舵輪を持つのがこのキャプテンの操船スタイル。
20120705-154915-0.jpg

2年前に操業停止になったというさとうきび工場。
ポートアレンも、さとうきびの積み出し港だったのが、
今は観光船主体の港になったのだそうです。
20120705-154925-0.jpg

スマホで位置確認。今はまだワイメアの近くです。
20120705-155546-0.jpg

マストの後ろに座るママ。お隣さんは下のデッキに移動中です。
20120705-160416-0.jpg

キャビンは質素そのもの。なんの飾りもありません。
20120705-160503-0.jpg

機走スピードは16~17ノット。
モーターボートほどの早さではありませんが、かなりのスピード感です。
20120705-160618-0.jpg

カタマランは広々した前部デッキが魅力ですね。
みんな思い思いの場所でクルージングを楽しんでいるようです。
20120705-160644-0.jpg

後部のほうの人たちも、それぞれに楽しんでいます。
20120705-160652-0.jpg

右舷舳先の女の子達はここから一歩も動かず景色とおしゃべりを楽しんでいました。
20120705-160342-0.jpg

西方の水平線に、ニイハウ島が見えています。
20120705-161424-0.jpg

ここはどこでしょうか?見かけない施設があります。
20120705-163639-0.jpg

スマホで確認すると、ミサイル基地があるようです。
20120705-163835-0.jpg

軍事施設はありますが、その前には長い長い砂浜が続いています。
20120705-164852-0.jpg

RV車が砂浜を駆け抜けていきます。
日本でだったらひんしゅくモノですが、ここなら誰もなにも言わないでしょう!
20120705-165114-0.jpg

そろそろナパリの特徴ある景観のはじまりです。
20120705-165141-0.jpg

そこに、助けを求めているカヤックが近づいてきました。
『トム・ハンクスみたいな奴が来た』とキャプテンは言ってました。
何が起きたのでしょうか?
20120705-165654-0.jpg

舵が壊れたので曳航してくれないか。との話です。
キャプテンは「人は助けられるが、船を引っ張ることはできない。浜まで自力で戻れ。」
と言ってました。
どこからやって来たのか分かりませんが、足こぎの推進装置は大丈夫だし、
砂浜が近いので、命を落とすことはないでしょう。
20120705-165716-0.jpg

だんだんと断崖が険しくなってきました。
20120705-170201-0.jpg
20120705-170448-0.jpg

エサを投げると魚がものすごい勢いで寄ってきました。
20120705-170628-0.jpg
20120705-170641-0.jpg

この先、船がすすむにつれ、
次々に切り立った渓谷が現われてきます。
20120705-171323-0.jpg
もう、いちいち説明はいらないでしょう!
20120705-171604-0.jpg
20120705-171731-0.jpg
20120705-171828-0.jpg
20120705-171959-0.jpg
20120705-172001-0.jpg
20120705-172211-0.jpg
20120705-172356-0.jpg
岬を越えるとその先にはもっとすごい断崖が現われてきます!
20120705-172718-0.jpg
20120705-173059-0.jpg
20120705-173302-0.jpg

洞窟に入っていく船が!
20120705-173346-0.jpg

そんなに奥は深くないようです。
20120705-173417-0.jpg

海に直接そそぐ滝です。
20120705-173425-0.jpg
20120705-173424-0.jpg

ナパリ・コーストはまだまだ続きます。
20120705-173522-0.jpg
20120705-173729-0.jpg
20120705-173757-0.jpg
20120705-174012-0.jpg

断崖の真下にちょこっとある砂浜にキャンプをしている人達が・・・
ここは陸からは入れないので、カヤックを何時間も漕いでくるしかない所です。
かなりハードなカヤックツアーですが、もう少し若ければ挑戦するのに・・・
20120705-174040-0.jpg
写真では分かりづらいのですが、
この時、かなりの強風の向かい風があり、
船長は、ここで引き返して、風下にあたる出航地方面でサンセットを迎える決断を
したようです。悪天候下で頑張るより、穏やかな海でサンセットを見物したほうが
良いには違いないので、一同異議なく引き返すことにしまし。(後編に続く)


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE!にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村



「カヒコは、動きの一つひとつに意味がある」

カヒコ(古典フラ)は、動きの一つひとつに意味がある。
まず元の歌詞を理解しなければならない。
だから教えるときもハワイ語で話している。
多くのカヒコは神聖なもの。
神に対する踊りであり
創造主が私達にもたらしたものに対する踊りでもある。
カヒコのテンポは
スローとか、早いとかはなく
テンポは一つである。
テンポも踊り方も変えないで
カヒコを失わず守り続けて欲しい。
カヒコはハワイの歴史でもある。

出典:『フラの神様 アンクルジョージが教えてくれたこと』 
著者:山根宏文(松本大学 山根研究室)2009
この本は著者がフラの神様ジョージ・ナオペ氏から教わったことをまとめられたものです。
著者の了解を得て一節を掲載させていただきました。


スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

絶景デスね!!

ここはまた行きたいコースです。
トトロさんが船酔いしちゃうので、予防が欠かせませんケド…(^^;

No Subject

カウアイ島と云えばこの絶景ですよね。
海に灌ぐ滝の数々、駄洒落すら云えなく
なる程の荘厳な眺め。ヤッパリいいな〜

**Sa-ya さんへ**

私も、もう一度行きたいです!
カタマランなら船酔いは大丈夫でしょう。
もちろん、酔い止め30分前服用なら万全でしょう。

**行燈入道さんへ**

この荘厳な眺めを前に、
ッパリいいな~』
なんて駄洒落は無用でしょう(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/423-db2ceeef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |