マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2012. 07. 15

(ワイメア渓谷)ハワイへの旅2012~その3~

本日最後の目的地は『ワイメア渓谷』です。
WAIMEA CANYONはカウアイ島の最大にして最高の景勝地なのです。
20120703-162602-0.jpg
雨も降ってきて、運転手は少々ナーバスになっていますが、
山道とはいえ道幅は広く、問題なく登りました。 ↓


展望ポイントは何箇所かあるようなのですが、
最初のポイント「WAIMEA CANYION LOOKOUT」に到着しました。
20120703-163023-0.jpg

このときは雨が降っていたので、
全体的に暗い感じですが、
赤土と鮮やかな緑のコントラストが美しいです。
20120703-163033-0.jpg
20120703-163034-0.jpg
20120703-163106-0.jpg

この渓谷にもネネ(ハワイガン)がいるようです。
(後で調べたら、マングースのいない高地に生息しているそうです。)
私はまだ一度も見たことがないので、見ても分からないかも。
20120703-170724-0.jpg

「KALALAU LOOK0UT」に到着しました。
地図からするとここがワイメア渓谷道路の終点のようです。
20120703-170833-0.jpg
20120703-170845-0.jpg はしゃぐママ!

この先の絶景、
先客が退くのが待ち遠しいです。
(実は、アロハシャツ1枚で来たのを悔やむほどの寒さなのです。)
20120703-171023-0.jpg

険しい山肌はこの世のものとは思えない光景です。
20120703-171122-0.jpg

ハワイの自然が産んだ奇岩は奇蹟の景色(キガンハキセキノケシキ)ですね。
20120703-171216-0.jpg

たくさんの小さな滝も見えます。
近くで見たらどんなかなあ。
20120703-171216-2.jpg

そして、その向うに広がる青い海!
いつまでも見とれていたい景色でした。
20120703-171222-0.jpg

目を足元に戻すと、下向きの奇妙な花。(なんていう花かな?)
20120703-171325-0.jpg

キイチゴでしょうか?
20120703-171546-0.jpg

雲の切れ目から差してきた太陽が海面に反射して、
ママもワ~ンダフルな笑顔に!
20120703-171703-0.jpg

帰り道、満開のレフアの花を付けたオヒアの大木をみつけました。
ハワイ島ではこんな「沢山のレフア(NA LEHUA)」の花は見かけなかったので、
ちょっと感激です。
20120703-173100-0.jpg

真っ赤な可憐なレフアの花。
20120703-173136-0.jpg

そして、レフアの花をつけるみにくいオヒアの木。
ついつい「オヒア・レフアの伝説」を思い出します。
20120703-173200-0.jpg

さらに道を下り、「PUU HINAHINA LOOKOUT」に来ました。
他のLOOKOUTは立派なのに、ここだけ看板が古いのが気になります。
20120703-173713-0.jpg

次第に傾いてきた日の光が、渓谷に暗い影を作り始めました。
20120703-173756-0.jpg

谷底には川が流れているのでしょう。豊かな緑が育まれています。
ワイメア川の源流に近い場所だと思います。
20120703-173804-0.jpg

陽の反射のせいだけではない、赤い山肌。
カウアイ島は島中が赤い土で出来ているみたいです。
ハワイ島が黒土なのと対照的ですね。
20120703-173833-0.jpg

最初に寄った「WAIMEA CANYION LOOKOUT」に戻りました。
もう完全に晴れてます。
20120703-175406-0.jpg

この光景を目に焼き付けようとしているママ。
それを優しく見守るパパ。
・・・・・そう見えるように撮ってみました。(どうかな?)
20120703-180001-0.jpg

眼下にはワイメアの街。今回の宿のある街です。
あそこから登ってきたのです。(約30分)
20120703-180002-0.jpg

ふり返れば、遠くにニイハウ島がうっすら見えます。
右端の小さく三角に尖ったところはレフア島。ニイハウ島からは離れている島です。
20120703-180003-0.jpg
20120703-180004-0.jpg 記念写真をパチリ!

記念のステッカーで、何が書いてあったか分からなくなった看板。
日本語で「●▲×参上」とか書いてなくて良かった!
20120703-180116-0.jpg

さらに道を下る途中で見つけたちょっと変わったシュールな風景。
20120703-182450-0.jpg

なぜここだけツルツル・デコボコの風景ができたのか?不思議です!
20120703-182451-0.jpg
20120703-182452-1.jpg

ここからはワイメアの街までまっしぐらです!
20120703-183454-0.jpg
日の入りまではあまり時間がありません。急がねば!


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE!にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村



「ハワイアンミュージクは心地良い」

ハワイアンは何も束縛されなかった。
こうしたら良い。
こうしたら悪いと言われなかった。
自由に行きたいところに行くことができた。
そこからメロディーが生まれた。
だからハワイアンミュージックは心地良い。

出典:『フラの神様 アンクルジョージが教えてくれたこと』 
著者:山根宏文(松本大学 山根研究室)2009
この本は著者がフラの神様ジョージ・ナオペ氏から教わったことをまとめられたものです。
著者の了解を得て一節を掲載させていただきました。

スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

いいじゃないですか!最高ですね雄大なこの景色。
この渓谷はいつも天気に悩まされます。先だって行った
時には、濃霧の中でした。だからこんなに綺麗に海が
見える景色、羨ましいです。一度堪能してみたいでわ

**行燈入道さんへ**

>先だって行った時には、濃霧の中でした。
何も見えないのでは残念でしたね。
多少雨は降りましたが、
これだけ見えたのはラッキーだったのでしょうか?
まさに絶景でした。

No Subject

写真からでも自然の迫力が伝わって感動しちゃいました!!!

**Sa-ya さんへ**

ありがとうございます。
写真じゃなくて、
本物はもっとすごかったですよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/412-789adfb8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |