マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2012. 05. 12

よこすかカレーフェスティバル・猿島・戦艦三笠

『さかみ』?
いえいえ、右から読みます。戦艦『みかさ(三笠)』です。
IMGP0705.jpg
ここは三笠公園です。
しかし、なんだかいつもより公園がにぎやかですよ。
IMGP0707.jpg
今日明日は、ここで『日本最大級のイベント』が開催されるのです。 ↓

『よこすかカレーフェスティバル』と銘打って、
全国のご当地カレー、ご当地自慢の美味大集合なのだそうです。
それにしても『日本最大級のカレーイベント』とは大きく出たなぁ!
IMGP0708.jpg

B級グルメで、地元じゃちょっとばかり有名な『厚木シロコロホルモン』
イ~イ匂いです!
IMGP0710.jpg

北九州からきた『門司港焼きカレー』
はかま姿のお嬢さんが目を引きます。
IMGP0711.jpg

あなたの家では、カレーに牛肉入れますか?豚肉入れますか?
マハロ家では「鳥肉」を入れます(笑)
IMGP0712.jpg

断然すごい行列の店があります!
IMGP0713.jpg

行列の店はここでした。
『黒部ダムカレー』は分厚いチャーシューのトッピングが名物だそうです。
IMGP0715.jpg

今回のイベントの目玉はこの『軽便カレー』
明治5年発刊『西洋料理通』のレシピを基にカレー伝来期の味を復刻したそうです。
IMGP0718.jpg
後で食べようと思ったのですが、売り切れていました。(600食限定)
見た目は『薄いカレー・ルー』という感じでした。
IMGP0719_20120512205802.jpg

よこすか海軍カレーのカレー・バイキングにも長い行列ができていました。
IMGP0722.jpg

沖に見えるのは、東京湾の無人島『猿島』です。
カレーを食べる前に、ちょっと無人島探検に出かけようと思います。
IMGP0724.jpg

船でわずか10分の船旅です。
IMGP0733.jpg

あっという間に到着です。ちょっと短かすぎ?
IMGP0734_20120512205917.jpg

『SARUSHIMA ADVENTURE ISLAND』なんだか遊園地っぽい看板ですね。
IMGP0735_20120512205916.jpg

島の発電所。島の電気は自家発電でまかなっています。
IMGP0738_20120512205916.jpg

深い切り通しの道を行くと、古そうなトンネルがあります。
IMGP0740.jpg

中は薄暗く、カップルが自然と手をつないで通るので、
いつしか『愛のトンネル』と呼ばれているそうです(笑)
(注:昔は本当に真っ暗でした。)
IMGP0744.jpg

この島は要塞島だったので、身を隠すため切り通しやトンネルが多いのです。
IMGP0745_20120512210037.jpg

島の尖端にあった洞窟。
この先は、絶好の釣りポイントでもあるそうです。
IMGP0757.jpg

小さな砂浜はBBQ(機材レンタルあり)ができるところで、
大勢のグループがBBQを楽しんでいました。
これだけ人がいると、無人島という感じは全くないですね!
IMGP0763.jpg

約1時間の無人島探検でした。さあ、帰りましょう!
IMGP0764.jpg

ふたたびよこすかカレーフェスティバル会場に戻り、
先ほど目をつけていた黒部ダムカレーの行列に並ぶこと約20分。
IMGP0775.jpg

目の前でチャシューを切ってくれます。
IMGP0776.jpg

気前よく大きなチャーシューをドーンと乗せてくれました。
(カレーの味は、ほどよく酸味の効いた、それほど辛くはないカレーでした。)
IMGP0778.jpg

次は、戦艦三笠に乗艦しました。
IMGP0783_20120512211211.jpg

明治期の戦艦なので、そんなに大きな船ではないという感じをもっていましたが、
今回は、結構大きいなあ!と感じました。
非常に手入れが良いので、余計そんな感じがしたのかもしれません。
IMGP0788.jpg

被弾した鉄板で作られた灯ろう。
弾の貫通した痕が生々しいですね。
IMGP0789_20120512211211.jpg

ハンモック体験。係員が威勢よく揺らしてくれました。
IMGP0796_20120512211210.jpg

カレーを楽しむ我が国の平和を、三笠の大砲が静かに見守ってくれています。
IMGP0798.jpg

--------------------------------------------------------
ところで、マハロが待っているのはなんでしょう?
カレーかな?
IMGP0799.jpg

いいえ、フランスパンでした。
ポンパドウルの焼きたてパンでしょうか?
いいえ、ママの手作りパンでした。
IMGP0800_20120512211353.jpg
一番端っこの耳のところだけはマハロが食べられるのです。

byマハロパパ
POCHITTO PLEASE!にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村



「フラに接したときは嫌いだった」

最初にフラに接した時は嫌いだった。
1週間に6日、1日4時間
あるいはそれ以上学ばされた。
子供だから海水浴や遊びをしたかった。
ウクレレを弾くのは楽しかったけど、
フラは家族がやっているから仕方がなかった。
でも今は、3歳の時から多くの先生に
学んだことに感謝している。
どの先生も独自の教え方だった。
それぞれの先生が、他の先生にないものを持っており
それを教わったことが今思えば
私にとって素晴らしいことであった。


出典:『フラの神様 アンクルジョージが教えてくれたこと』 
著者:山根宏文(松本大学 山根研究室)2009
この本は著者がフラの神様ジョージ・ナオペ氏から教わったことをまとめられたものです。
著者の了解を得て一節を掲載させていただきました。

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/379-88df19e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |