マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2011. 02. 27

「江戸しぐさ」/「愛犬家しぐさ」

shigusa_p02.gif
「江戸しぐさ」という言葉を知ってますか?→
「NPO法人 江戸しぐさ」という団体があるんですが、
そのホームページによれば、
『「江戸しぐさ」は、江戸商人のリーダーたちが築き上げた、上に立つ者の行動哲学です。
よき商人として、いかに生きるべきかという商人道で、人間関係を円滑にするための知恵でもありました。
江戸時代は、260年以上もの間、戦争のない平和な時代が続きました。
その平和な安心な社会を支えたのが「江戸しぐさ」という人づきあい、共生の知恵です。』

とのこと。(ホームページからの引用です)

もう少し具体的に紹介してみましょう。
今度は「寿々方(すずかた)江戸がたり」のホームページから、
いくつか引用させていただきます。(冒頭・文末のイラストも同じ)

『素敵な「江戸しぐさ」の例
>「肩引き」
 人ごみの中で向こうから来た人とぶつかったり、右に左にオットットと
 まごまごしたりしていませんか?
 そんな時、互いに右肩を引いて胸と胸を合わせた格好でスマートにすれ違いましょう。
>「傘かしげ」
 雨の日、傘をさした人同士がすれ違う時、たがいに傘を外側へ
 少しかた向ける動作です。
 雨のしずくを相手にかけないこと、傘がぶつかるのを防ぐこころです。

格好の悪いしぐさの例
>「とおせんぼしぐさ」
 狭い道で横一列に三人ぐらい並んで、しかものろのろとおしゃべりをしながら歩いています。
 後ろから行く人にとってこの上もない迷惑です。ぜひ、やめてほしいことです。
>「横切りしぐさ」
 歩いている人、腰かけている人、立ち止まって絵を見る人などの前を横切って行くことは、
 とても失礼なことです。後ろを通れなければ右手を出して「失礼!」の一言を添えれば、
 素敵な「江戸しぐさ」です。

素敵な江戸のこころ
>「有り難うしぐさ」
 「ありがとうございます」「ありがとうございました」
 この違いは何だと思われますか?
 「ございました」は過去形で、せっかくの人様とのご縁を
 無きものとして断ち切ってしまうのです。
 ですから江戸の人はいかなる時も、また良いおつきあいをという心で
 「ありがとうございます」と言いました。
>「お心肥やし」
 派手にお化粧をしてブランド物で身を飾っても、頭は空っぽ、
 自分のことしか考えない心貧しい人が増えています。
 常に五感を磨いて心を豊かにし、
 周りに対して暖かいまなざしが向けられるように成長したいものです。』

shigusa_p03.gif

他にも様々な素敵な江戸しぐさがあります。
朝日マリオン・コムにも連載されました。→ココから


すっかり、前置きが長くなりました。

ここからが本題です。

今日は、江戸しぐさにならい、「愛犬家しぐさ」についてちょっと考えてみました。


「水かけ」
オスのわんこにとって、マーキングは本能的なもの。
DSCF0418-.jpg
せめて、おしっこをした跡には、水をかけましょう。
ペットボトル一本持って歩けばすむことです。
DSCF0419-.jpg

「つけ!」 
狭い日本の道ですから、リードを長~~く伸ばして歩くのは他人の迷惑。
主人の足元にしっかり付いて歩く姿はカッコイイですよね。
DSCF0417-.jpg

そして、
*避けたいしぐさは「親バカしぐさ」 
どんなに可愛くても犬は犬。
可愛がりすぎて、すっかりわがままになってしまった犬は見苦しいもの。
また、他人(他犬)に迷惑かけてるのに、
『ウチの子(犬)元気だから』などと、
犬をコントロールできてないことに気づいてもいない飼い主は軽蔑されてしまいます。

みなさんも、「江戸しぐさ」を学び「愛犬家しぐさ」について考えてみませんか?


byマハロパパ
POCHITTO PLEASE!にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへにほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 演劇ブログ フラダンスへにほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT▼

こんにちは。

傘かしげ、懐かしいですね~。最近そういう場面がないですが、前は傘をさしてよく歩きました。傘かしげの場面もありました。

マイケルママはつけ(をさせるタズナさばき)がうまいです。
最近近くのアメコカを飼っている男の子もなかなかの腕前を見せていました。
はい、ちょっと前をごめんよ~!!なんて粋にかぜをキッテ散歩してたら、すごいですね。^^

粋ですね♪

『江戸しぐさ』も『愛犬家しぐさ』も粋で格好いいデスね♪

何事も、相手を思う心遣い、、かしら?
心に留めたいと思いました。

粋なブログ、
『ありがとう御座います。(^人^)♪』

江戸しぐさ、知りませんでした。
長く平和な時代が、続いた証拠でもありますね。
「傘かしげ」は日常何気にやってる事ですが、
改めてなるほどと思います。
「横切りしぐさ」の格好は、渡世人の方がよく
やりますよね。こんな所に発祥があったなんて
驚かされます。愛犬家しぐさ、素晴らしいマナー
だとおもいますね。今日は色々と勉強させて頂き
有難うほざいました、じゃない有難うございます。
でしたね(笑)

**マイケルパパさんへ**

江戸しぐさとは、マナーじゃなくて『癖』のようなものなのだそうです。
つまり、意識してやることじゃなく、自然にそういったしぐさが出るようでないとだめなのでしょうね。
傘かしげ、たま~に逆方向(相手方向)にかしげる人がいて、びっくりします(苦笑)

**Sa-ya さんへ**

江戸しぐさは、狭いお江戸の町人文化ですが、
現代の、満員電車、渋滞道路、人ごみの中、うさぎ小屋・・・
応用出来る場面がいたるところにありそうですね。

**行燈入道さんへ**

こちらこそ、読んでいただき、ありがとうございます。(!)
江戸時代というのは、政治が鎖国政策などの弊害もあったとは思いますが、
文化的には、非常に発展し、洗練された時代だったようですね。
ハワイ民族が忘れ去られそうになった独自文化の復興に取り組んでいるように、
日本人も、かつての素晴らしい文化を見直すべきでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/221-918b4154

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |