マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2010. 12. 05

ふるさと信州へ

週末に、マハロパパはふるさとの信州に帰って来ました。
今シーズンJRが「未知を歩こう信州」などとPRしてますが、
生まれ育った土地ですから、未知でもなんでもありません。
PC040451.jpg

新幹線で、軽井沢を過ぎると、車窓の右側に見えてくるのが浅間山。
この山を見ると「帰って来たな~」と思うマハロパパです。
PC040452.jpg

家に帰ると、愛犬マツが出迎えてくれました。(ウ~~ワンワン!)
PC040453.jpg

地元新聞です。一茶忌(小林一茶)の話題が一面です。
PC040454.jpg

衝撃的だったのは、「売りたし、買いたし」の欄。
PC040455.jpg

「イノシシの捕獲用罠」を格安でって、そっそれは・・・・・・
PC040456.jpg

「ワラ切り機」!古くてもいいからって、新しいワラ切り機って売ってるんですか?
PC040457.jpg

イノシシにワラ切りを見た後だと、草刈り機くらいは普通に感じますね。
PC040458.jpg

この欄は、投書欄。
「おくらい」は信州の方言で「~しておくれ。~してください。」
という意味であることはすぐにわかりましたが、
「せって」ってなんだっけ?
しばらく考えたらわかりました。
「言って」という意味でした。
発音としては「せっておくらい」じゃなく「せっとくらい!」(Set cry)です。
PC040462.jpg

///////////////////////////////////////////////////////
実家は、今は両親と兄夫婦の4人が住んでいるのですが、
久しぶりに夜遅くまで飲んだり食べたりしゃべったりの、
まったりとした時間をすごしたのでありました。
///////////////////////////////////////////////////////

朝起きて、ちょっと散歩してみました。
やはり北国の朝は冷え込んで、霜が降りていました。
PC050464.jpg

この山は菅平だと思うのですが、まだ雪は積もってないようです。
PC050468.jpg

採り忘れたようなリンゴが紅くなっていました。
PC050473.jpg

子供の頃は、こんな地蔵さんに興味なかったのですが、
こうしてみると、なんだか新鮮です。
PC050474.jpg

さあ、もう帰らなければなりません。
善光寺にお参りする時間もないので、
とりあえず、長野駅で参拝したつもりになってみました。
PC050480.jpg

信州のみやげなら「おやき」がおすすめ。
・・・というか、それ以外にない?・・・いやいや他にも名物は数ありますが、
マハロ家は「おやき」が大好物なのです!
PC050481.jpg

ママのお気に入りは野沢菜ときりぼし大根のおやき
パパは小さい頃から食べ慣れたナスのおやき
今回は蔦屋のおやきを買ってきましたが、
おやきの作り方には、実に様々な作り方があって、
いろいろ食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。
PC050486.jpg

//////////////////////////////////////////////////////////
この写真、居間に掛かっていたものですが、
我が家の昔々(昭和初期)の写真です。(どこから引っ張り出してきたのか?)
歴史の教科書の『ニッポンの農村風景』に出てきそうな写真ですね。
前列右側の男性が祖父。座ってる女性が祖母。
とすると、祖父に抱かれているのが父親か?
PC050487.jpg
実は、私の「ふるさと」はふるさと村と言うんです。(今は長野市)
漢字で書くと「古里」
あまり大きな声では言いたくない名前なんです。(けっこう好きですけどね。)


BYマハロパパ
スポンサーサイト

COMMENT▼

ふるさとが『古里村』って良いですね~♪
おやきは私も好きです。
野沢菜がお気に入りです☆
切り干し大根は食べた事ありません。食べてみたいなぁ~(^m^)

長野はもう寒そうですね~
小さい頃に通った道など改めて歩くと
いろんな発見が出来て又楽しいですよね
素敵な写真ですね~
ほのぼのとした昭和初期の印象を感じました
この写真の誰にパパさん似てました(笑)
マハロちゃんもお焼きたべたのかな?

まずは、前回のランプ、ランプシェード、ハワイの柄の貼り合わせもお洒落だし、スタンドとの感じもぴったりで、素敵ですね!! キッチンの白いタイルといい、ランプシェードといい、美味しそうなパンといい 手作りでセンスもいいです。どれも 職人の域に達していますね!!
おやき、おいしそうですね。たしか、きりぼしだったか、きんぴらだったか、とても、おいしかったです。なすは、まだ、食べたことありません。
信州は、広葉樹の山々が、秋に赤や黄色に染まるさま、見事ですよね。着物の錦絵のようで。まさに唱歌「紅葉」の場所。 そういえば、藤村、はじめ高野辰之、中山晋平等、日本の情景描写の素晴らしい童謡のほとんどが、信州出身の方の作ですよね。「てるてる坊主」も「朧月夜」も「夕焼け小焼け」も「みかんの花咲く丘」も。唱歌の「故郷」と、マハロパパの故郷、古里は、関係はないのですか? 

以前、私が富士山と間違えた(主人に騙された?)浅間山、
すっごく綺麗ですね~♪  
パパさんに聞いてから、ずっと乾麺のお蕎麦は戸越高原そば
というのを買い続けてますよ。乾麺でも美味しいです。
おやき~、私は生まれてこの方数回しか食べたことがありません。
ナスのおやきなんて、食べてみたい!!!
ものすごく歴史を感じる写真ですね。
これは代々残さねばならない一枚ではないでしょうか。
帰郷・・・いいですね★

新幹線に乗って、見る風景が段々懐かしい風景になってくるとホッとするんでしょうね~。
最後のお写真素敵ですね。
坂本竜馬が出てきそうな感じです。

**Sa-ya さんへ**

実は、野沢菜入りのおやきというのは、
古里村ではそういうものはたべたことがありませんでした。
おそらく、おやきの具に回ることなく漬物として全部消費されたためだと思います。
でも、確かに野沢菜の具はおやきにすごくマッチしますね。

**みそべんさんへ**

私は昔から祖父似だと言われていましたが、
この写真を見ても確かにそうだなあ、と思います。
おやきを入れたカバンに、ものすごい勢いでマハロがとびかかり、
あやうく食べられるところでした、
こんなおいしいもの、マハロには食べさせませんゾ!

**マイケルママさんへ**

>どれも 職人の域に達していますね!!
ありがとうございます。でも近くで見るとアラが見えてしまって、ガッカリすると思いますよ。

>高野辰之、中山晋平等
よくご存じですねえ、唱歌「故郷」は残念ながら古里の情景ではありませんが、
それほど遠くない地域の情景になります。
そうそう、久石譲も同じ地方出身です。(高校の先輩でもあります。)

**Manapuaさんへ**

>以前、私が富士山と間違えた(主人に騙された?)浅間山、
そうそう、そういうことありましたねぇ(笑)
電車からでは上手く撮れなかったのですが、北~中央アルプスの真っ白な山々も綺麗でしたよ。
「たまには山もいいなあ~」と思った瞬間でした。

おやきというのは、もともと素朴なあり合わせの材料でつくった料理で、
特に、夏はナスのおやきしか食べたことがありません。
(ナスは丸なすを使い、普通の長なすでは水っぽくなってしまいます。)

**PA-Chan さんへ**

長野は、四方を高い山々に囲まれていて、
今住んでいる所とは、まったく異なる風景で、
車窓から見える風景の変化が激しいです(笑)
確かに『帰って来たなあ』という実感はありますね!

でも、北国の冬は寒さがこたえますよ~
『庭をかけまわる犬』などいませんから!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/195-e2619450

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |