マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2017. 07. 30

『ハレアカラ サンセット&スターゲージング ツアー』〜2017ハワイ旅行(20)

2017/6/3

高い山は、それを見るものが高い所へ登れば登るほど、高く見える。』黒澤明『蝦蟇の油』より
・・・であれば、ここマウイ島ではハレアカラ山に登ってみなくてはならないでしょうね。
(ちなみに、上記のクロサワの言葉は、彼が師匠として尊敬する先輩映画監督について山に喩えた比喩表現です。でも、ハレアカラやマウナケアはまさに「登って初めて高さを実感する山」ですよね。) ↓

今回、ハレアカラに登るにあたって、サンセットかサンライズを見たいと思っていたので、夜間の行動が必要になるため自力での登山はあきらめました。
そこでツアーを利用するのですが、今回お願いしたのは「マウイ・オールスターズ社」の『ハレアカラ サンセット&スターゲージング ツアー』です。
ガイドはもちろん山内 良和さん(愛称はヤマピー )。
マウイ島を紹介するTV番組やガイドブックには必ずと言っていいほど登場する人気ガイドですよね。
でも、予約確認メールには「ガイドはヤマピーとは限りません。」と書いてあり、『そうだよね、ガイドは何人かいるんだろうしねえ。』なんて話はしていたのですが、
午後14時45分、宿に迎えに来てくれたのは山内さんでした。聞けばお住まいもラハイナだとか。
今日のお客は我が家も含めて全部で4人と少なめ。年齢も同年代と分かり、とっても話が弾みました(笑)。車内でかかっていた音楽も7~80年代の我々の趣味にぴったり!(山内さん、ちゃんと計算して選曲してくれていたようです。気配りの人ですねえ。)
DSCF8410.jpg

最初に向かったのは、カフルイのKrispy Kream。山登りの前にはまずは甘いものをお腹に入れてから。ということですね。
DSCF8411_20170714215701c8d.jpg

山内さんおすすめのベークド・コーヒー・ケーキをいただくことにしました。
DSCF8412_20170714215703c32.jpg

コーヒーのフタが顔みたいですね。
DSCF8413.jpg

さあ、山登り(車ですが)の始まりです。
行く手に虹がかかっています。幸先よいですね。
DSCF8419.jpg

Foodland Pukalani店でお弁当調達。
それと、フードランドでしか売っていないおすすめワインがあるということで、普段あまりワインは買わないのですが思わず買ってしまいました。(KENDALL-JACKSON)
DSCF8422_20170714215737aa3.jpg

標高約1,000m地点のクラ・ロッジで休憩。これは段々高いところに登るために、高度順応するための休憩の意味もあるそうです。
DSCF8428.jpg

ハレアカラ国立公園の入口。標高約2300m。まだまだ登ります。
DSCF8431.jpg

雲の層を突き抜けると強い太陽が照りつけてきます。
DSCF8438.jpg

頂上まで登ってきました。
DSCF8444.jpg

空気が薄いとすぐそこまでの階段を登るのも息が切れます。
DSCF8445_20170714215832c20.jpg

枯れた銀剣草?
DSCF8449.jpg

わずかですが虹が見えました。
見下げる位置の虹は珍しいですね。
DSCF8454.jpg

このときマハロママは、まだスカートで頑張りました(笑)
DSCF8457_20170714215836483.jpg

軍とNASAの基地が見えています。
DSCF8464_20170718192231d09.jpg

山下さんを囲んで記念写真。
このあたりは空気が非常に澄んでいるため遠くまで良く見えるので、マウナケアの山頂の天文台群も望遠鏡をとおして見えました。
DSCF8469.jpg

カルデラのクレーター群は幻想的。
DSCF8486.jpg
DSCF8490_2017071819223535f.jpg

かなり陽が傾いてきました。サンセットの時間が近いです。
DSCF8501_201707181922368c2.jpg

サンセットの見学ポイントで、美しいサンセットに見入っていました。
IMG_0011_201707192054283b7.jpg
DSCF8502_201707142159079a6.jpg
dscf8503.jpg
dscf8504_201707142159101ac.jpg
DSCF8526.jpg
この時間には、もう言葉は必要ないですね。
dscf8527.jpg
dscf8528.jpg
dscf8529.jpg
陽が沈んでからの空の色が刻々と変化していく様子も素晴らしいです。
DSCF8545_20170714215944350.jpg

日が沈むと一気に冷え込みます。防寒ジャケットは貸してもらえるので体は大丈夫なのですが、外に出ている手がガチガチに凍えてしまいました。
IMG_0039.jpg

サンセットのあとは天体観測です。
観測場所は少し山を下ったところですが、その前にフードランドで買ったお弁当で腹ごしらえします。
DSCF8551.jpg

この場所に、かなり高度な天体望遠鏡をセットして、星の観察が始まりました。
DSCF8556_20170714220016934.jpg

ただ、残念ながら今日は雲が多め。明るい星や月は見えたのですが、普段地上では見られないような星を見ることはできませんでした。
DSCF8557_2017071422001867d.jpg
 でも、山内さんのお話しを聞けただけでも満足かな?
 たんなる天体観測の話にとどまらず、大宇宙の下では小さな人間はみんな一緒なんだから謙虚に穏やかに生きていこうよという言葉がストンと腑に落ちました。

 彼はほんとうに魅力あふれる評判どおりのガイドでした。
 マウイ島に行ったら是非「マウイオールスターズ社」の『ハレアカラ サンセット&スターゲージング ツアー』に参加されてみてはいかがですか?(山内さんから何も受け取ってませんよ。ほんとうにオススメです。)
 それから、同社にはカウアイ島の山中で何年も生活してきたという野人ガイドもいるらしく、こちらのガイドさんにも会ってみたいですね。

 その後、ラハイナに戻るまで、いろいろなことをずっと話してました。
 ちょっとブログには書けないような話もあったのですが、アメリカは銃社会だという話で、山内さんの一番怖い思い出として、単身アメリカに渡って苦労した末に料理店を経営するようになった頃の話なんですが・・・従業員を辞めさせなくてはならないことがあったそうです・・・そうしたらその従業員のダンナが銃を持って乗り込んできてあやうく殺されそうになったことがあるそうです。・・・幸い弾は外れたのですが、アメリカの「負の側面」も経験されてきたんですね。だからハワイだって銃社会であることに変わりないので、観光客もそのことを忘れちゃならない。とアドバイスしてくれました。
 そんな話を聞いたので、後日オアフ島に戻り、ホームレスが沢山いるダウンタウンが急に怖くなりました。(ハワイに何故ホームレスが増えたか? の裏話も聞いたけどこれは内緒。)


「いいね!」と思ったらポチッとしてください。励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村

byマハロパパ
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

山下さん、テレビにも出演されてましたね。
私たちも以前、山下さんにお世話になったことがありました。
車の後方にあるイラストも可愛いタッチですよね。
そのイラストのハガキを日本で見つけた時は懐かしくて即買いました。
また行きたくなっちゃうなぁ。。。(T_T)

サンセットの動画、ありがとうございます。
ジ~~~~ンときます。。別に病んでいるわけじゃないですよ(^^;

No Subject

ハレアカラ山は、ヤマピーさんのツアーでしたか!?
マウイ島が出てくるテレビ放送では、ほとんど
ヤマピーさんが登場される様な・・・・

綺麗なサンセットを観られて良かったですね。
お二人の笑顔は、まるで新婚さんの様にも見えます。(笑)

Re: Sa-yaさんへ

> また行きたくなっちゃうなぁ。。。(T_T)
行っちゃってください。(一人旅もあり?)

> ジ~~~~ンときます。
画面を見つめすぎて目がしばしばしちゃったのでは(笑)

でも、ホント、また行きたいと早くも思ってますから。

Re: ホノムボーイさんへ

> マウイ島が出てくるテレビ放送では、ほとんど
> ヤマピーさんが登場される様な・・・・
その理由がよ〜く分かります。
納得のヤマピーですね!

> 綺麗なサンセットを観られて良かったですね。
でも、星のほうがちょっと残念だったので、リベンジしたいですね。

> お二人の笑顔は、まるで新婚さんの様にも見えます。(笑)
やっぱ、楽しかったからなんでしょうね。
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://mahalo415.blog22.fc2.com/tb.php/1032-4f452e3b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム |