マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2017. 08. 12

航海カヌー「Mo’okiha o Pi’ilani」訪問〜2017ハワイ旅行(26)

IMG_1565.jpg
ホクレアとはハワイ語で「喜びの星」という意味です。hokuは「星」、leaは「喜び」を意味していて、うしかい座の一等星「アークトゥルス(Arcturus)」のことです。
ハワイ諸島(の緯度)ではアークトゥルスは天頂を通る星で、そのことはハワイにとって重要な意味があるのです。
ハワイに人間が来たのは、遥か4,400km南のタヒチ(あるいはマルケサス諸島)からカヌーに乗ってやってきたのですが、太平洋のど真ん中にあるハワイを見つけるのにこの星の存在が重要だったのです。
経度を知るには北極星と南十字星を目印とし、緯度はこの星「ホクレア」を目印とすることによって、タヒチ(やマルケサス諸島)とハワイ諸島間の航海が容易になったのです。
compass_stars.gif
だから、ホクレア(=喜びの星)はハワイアンにとって特別な星なのです。

1900年にハワイはアメリカに併合され、1959年にハワイはアメリカの50番目の州になりました。
しかし、1970年代にハワイ文化の復興運動(ハワイアン・ルネッサンス)が起きてきました。「ハワイ独自の文化を忘れてはならない。」という大きなムーヴメントが起きたのですね。忘れられかけたハワイ語を習うようになったり、俗化したフラダンスから伝統に根ざしたフラが見直され、・・・・・そんななかで、偉大な航海者であった祖先がハワイに渡ってきたときに使用された大型帆走カヌーを復元しようという運動が、ハワイアン・ルネッサンスの象徴的な活動として注目されるようになったのです。
そして復元されたのが「ホクレア号」。
1975年、幾多の苦難を乗り越えて、実現したホクレア号のハワイ/タヒチ間の往復航海はハワイの人々の熱狂的な歓迎を受けました。ホクレア号はハワイアンの誇りでありハワイ文化の象徴なのです。

ディズニー映画「モアナと伝説の海」でも、島民の祖先は立派な航海者であった事がモアナの航海の成功によって再認識される。というのがストーリーのバック・ボーンになっていますよね。「モアナの航海はホクレア号の航海」のようなものなのです。

先日ハワイに居たとき、ハワイでは「Hokulea homecoming」のことが大きなニュースになっていることに気づきました。3年間も世界を周航していたホクレア号が6/17にハワイに帰ってきて、アラモアナのマジックアイランドでセレモニーが行われるということが大々的にニュースとして取りあげられていました。

日本で世界一周したヨットがそんな風に報道されることがあったでしょうか?大きなニュースになるのは遭難したときだけでしょう。

私がハワイを好きになったのは、そんな偉大な航海民族であり、そのことを誇りとし、独自の文化を大切にしている人たちに感銘を受けたからなのです。(続く)

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム |