マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2017. 07. 03

ラナイ島〜2017ハワイ旅行(7)

2017/6/1
今回のマウイ島滞在場所にはラハイナを選びましたが、その理由のひとつとして、ラハイナ港から船でモロカイ島&ラナイ島に行ってみたい。ということがありました。
しかし、モロカイ島へのフェリーは廃止になっていて、実現できたのはラナイ島行きのみでした。

しかも、ラナイ島観光の手配はとても大変でした。(大変だったのはマハロママなんですけどね。

まずは手っ取り早く「ツアー」でと考えたのですが、前はやっていたツアーそのものが廃止になってしまっていて断念!

ならば、どうするか?ということですが・・・
ラハイナ~ラナイ間をまずはフェリーで渡ります。
フェリーはマネレ・スモール・ボート・ハーバー(Manele Small Boat Harbor)という文字通り小さな港に着くのですが、そこからレンタカーを借りることができるラナイ・シティ(島の中部にあります。)までの交通手段を見つけるのに一苦
労しましたが、どうやら現地でシャトルバスのような車に乗って行くらしいということだけ分かりました。

とても観光地とは思えないようなラナイ島の交通事情ですが、よくよく調べてみて分かったのは『フォーシーズンズ・ホテルという巨大ホテル資本がこの島の頂点に君臨していて、ここに泊まる観光客だけは優雅なリゾート・ライフを味わうことができるように島のシステムが出来ている。』というものでした。かつては「パイナップル アイランド」と呼ばれたラナイ島は、現在では「プライベート アイランド」と呼ぶというのもうなずけるというものです。
DSCF7749.jpg
そんな『不公平な待遇』にめげずにマハロパパとマハロママは朝6時45分発のフェリーに間に合うようにラハイナ港にやってきました。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム |