マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2015. 02. 27

発展途上の国におもう

IMG_9907.jpg
2年前のタイに続き、今回はベトナムに旅してきたわけですが、
マハロ家にとって東南アジアの旅は、
ことのほか思い出に残る旅となりました。
たんに「物価が安い」という理由だけではなしに、
東南アジア(タイおよびベトナムだけですが)には、
ん〜〜〜、なんて言ったらよいのか、
不思議と引きつけられる魅力があるのです。
おそらく、
伝統的な文化の香りと、
人びとの優しさが、
発展途上国ならではのエネルギーで、
よ〜く練り上げられてふっくらと焼き上がったパンのように、
食べた人の心もほっこりさせてくれたものと思われます。

でも、考えてみれば日本だって何十年か前に通ってきた、
そして、最近ではすっかり忘れられた「発展途上」の道なんですよね。
最近は日本も
「お・も・て・な・し」を売り物にしていますが。
でも「おもてなし」を口にした瞬間から「おもてなし」が、
商品として包装されて、これ見よがしに陳列されている気がします。

東南アジアの「おもてなし」は、
まだ、泥がついたままのネギを露天で売っているみたいな粗雑さですが、
とても新鮮で、噛むと甘みが口の中に広がるような味がするようです。

願わくば、いつまでもこのままでいてほしいと思うのですが、
それは無理というものなのでしょうね。・・・それは分かっております。

しかし、ともかく、2014年12月の、ベトナム・ホーチミンで、
バイクの排気ガスで、いささか淀んだ空気のドンコイ通りの交差点で、
マハロ家はとても幸せな気分ににひたっておりました。
それは、パクチーとフォーとバインミーとサイゴンビールのせいだけではなかったんだと思っています。

(ベトナム旅行記おわり)byマハロパパ
POCHITTO PLEASE! にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへにほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へにほんブログ村
スポンサーサイト

2015. 02. 25

帰国へ(✈️ホーチミン→羽田)

ホテルに帰ってきました。
市民劇場の周囲には、今日も人々が集まってきていました。
IMG_9643.jpg
ところで、ホテルのチェックアウトは、本来は今日の午前中10時まででしたが、
ホテルの出発が夜の9時ということで、
直前までホテルの(ロビーではなく)部屋でゆっくりしたいと思い、
時間を延長してもらいました。
夜の8時までで追加は約8,000円。リーズナブルな料金で大正解!

続きを読む »

2015. 02. 23

ベトナム最後の夕食はちょっとおしゃれな家庭料理

サイゴン動植物園の外に出たところには、
大木が生えていました。
IMGP1120_201502102113420dd.jpg
どれだけ大きいかというと・・・

続きを読む »

2015. 02. 20

続:サイゴン動物園に行ってみる

見猿・言わ猿・聞か猿
IMGP1107.jpg
おなじみの猿の彫像ですが、4匹いますよ!

続きを読む »

2015. 02. 18

サイゴン動植物園に行ってみる

ぷらぷら歩いているうちに、
フランス統治時代に開園したという歴史ある動植物園に到着しました。
IMGP1033_20150201183046ae4.jpg

続きを読む »

 | ホーム |  »