マハロ船長の航海日誌 Captain MAHALO's Blog

プロフィール

マハロパパ

Author:マハロパパ
マハロ船長は
アメリカン・コッカー・スパニエル
の船乗り犬です。
毎日たべものの匂いをたよりに
大海原を航海しています。

 

最新記事

 

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
 

リンク

 

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 

最新コメント

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カテゴリ

 

FC2カウンター

 
 

2018. 02. 19

バリ島旅行 塩田見学

2017/12/29
塩田というものは見たこともないし、興味もなかったのですが、まはろ庵の向かいの土地は、以前は塩田だったという話を隣のおばあちゃんに聞いて、どういうものだったのだろう?という興味があって、バリ島でおいしい塩を作っている塩田があるということで訪問することになりました。
dscf4960.jpg
場所は、バリ島東岸を1時間ほど北上したあたり。
我は海の子」という歌の歌詞に「白浪の さわぐいそべの松原に煙たなびく苫屋こそ我がなつかしき住家なれ」というのがありますが、その苫屋とはきっとこんなんだろうな?というイメージの小屋がありました。

続きを読む »

スポンサーサイト

2018. 02. 17

バリ島旅行 チャナン考

2017.12.29
今回(2017年末)、マハロ家は初めてバリ島に行ってきたのですが、なぜバリ島だったかというと・・・、東南アジアでまだ行ったことのない所を消去法で選んだうちで、バリ島は誰に聞いても評判が良かったことにあります。
とはいえ、旅の手配はいつものとおりマハロママに任せきりで、予備知識が限りなくゼロに近い状態で旅立ったのですが、ブログを書くにはそれなりに情報を仕入れなければならず、何冊かのバリ島に関係する本を読んでみました。
DSCF4756_20180206223611001.jpg
特に興味深かったのが椎名誠の『あやしい探検隊バリ島横恋慕』・・・あやしい探検隊シリーズのなかの8冊目で、発行が1998年ですから、もう20年も前の本になりますね。
ルピア(インドネシア通貨)もずいぶん安くて、今の6分の1くらいのようでした。今でもバリ島の物価は感覚的には日本の半分くらいですが、さらにその6分の1ということは、まさに“バリ安”ということです。
当時は椎名誠は超売れっ子作家でしたから、忙しすぎたのでしょうか、現地での仲間との会話録をそのままぶっこんで、作品の出来としては安直に過ぎるものになってしまったと思うのですが、そのぶっこまれた会話がなかなか真面目な内容で(作品としては面白みを薄めてしまっている。もっとバカやって、大騒ぎしないとダメなんだろうなあ。)、椎名誠がバリ島の人と宗教の関係について語っている部分が随所にあるのですが、今回マハロ家がバリ島を旅して、見たこと感じたことと、椎名誠のそれがほぼ一緒なのです。
でも、悲しいかな私には表現力がなくて、椎名誠にはあるんですよね。(当たり前ですが。)
例えば『あやしい・・・』には、こんなふうに書いてありました。
宗教って、おれにはよくわかrないものだけど、たとえば信仰心の篤いところっていうのは、貧しいケースが多い。貧しいから神にすがる、みたいなネ。でもここはそうじゃないでしょう。おおらかで、人間と神様がとてもいい関係にあるように感じた。なんかこう、儀式めいていて、コーランの詠唱とともにひれ伏す、みたいな、ある種こけおどし的な宗教との対峙じゃなくて、すんなり両方が入りこみ合って、つまり、愛し合っているような感じだね、そんな印象がすごくあった。それがいい刺激になって、入って来なければわからないバリが見えてきたような気がする。そのへんのところをこれから本読んだりして、もうちょっと自分なりにつかんでみたいと思うんだけど。

・・・『そうそう!私もそう思ったんですよ。』と頷ける部分が非常に多かったです。

続きを読む »

2018. 02. 16

やまなしに行ってきました

先週の土日に山梨県方面への旅行に行ってきました。
メンバーはマハロパパ&ママにayaさんsa-yaさんの4人。女3人組に、運転手代わりにわたしも同行したような感じですね。
dscf5450_2018021513333730f.jpg
まず始めにやって来たのは信玄餅の「桔梗屋本社」。信玄餅はもちろんですが・・・

続きを読む »

2018. 02. 13

バリ島旅行 ウブドゥのココナツアイス

2017.12.28
ウブドに戻ったら、マハロママが目をつけていた、おいしそうなアイスクリームの店に入ることにしました。
DSCF4920.jpg
Tukies(トゥキーズ) THE COCONUT SHOP です。
いかにもココナッツのアイスクリームがおいしそうな店構えでしょう。

続きを読む »

2018. 02. 11

バリ島旅行 チャングーの町探索

2017.12.28
チャングー(Canggu)のビーチから、ベトナムサンドイッチのバインミー&ビーンズ(Banh Mi & Beans)に行くまでの間に、実は付近をうろうろしておりました。
ガイドのウェダさんにチャングーの「町を散歩したい」とお願いしたら、なぜか隣町のスミニャック(Seminyak)まで連れて行かれたのです。チャングーはサーファーの町ですから、マウイ島のパイア程度の小さな町なので、ウェダさんとしては、もっと賑やかなスミニャックを案内するべきだと考えたようなのですが、マハロ家としては小さなチャングーを散歩したかったのです。バリの人としてはもっとにぎやかな場所こそ案内するに足る所だと思うんでしょうね。
実はこの後「漁港を見たい」とお願いしたのですが、連れて行かれたのは大きな漁業基地。そうじゃなくて、ひなびた漁師の村を見たかったのですが、どうしても理解してもらえなかったようです。そんなうらぶれたところを見たい観光客などマハロパパ以外にはいなかったのでしょうから、誤解してしまうのも無理もないかもしれません。
DSCF4841.jpg
そんなことで、チャングーの町に戻り、行き当たりばったりに車を降りたところで見つけたのがこの市場です。
ちょっと歩いてみますがウェダさんなら絶対案内しないだろう市場でした。

続きを読む »

 | ホーム |  »